共立美容外科 仙台院HOMEへ

このページをお気に入りに追加する

共立美容外科 仙台院 〜スタッフの声をお届けする『キョウリツインフォメーション』〜
2020年 4月 26日 (日) 13:59


ダーマペンとフラクセル
by takahasi

ダーマペンとフラクセルについてです!!!
どちらも肌に穴をあけて、古い皮膚を新しい皮膚へと入れ替える効果があります!!!
本日はこの2つ違いを私なりにご説明させていただきます!!!


ダーマペンは電動ニードルでお肌に多数の穴をあけます。
毎秒約2,000個の穴をあけますので、従来より早く正確な治療が可能です。
また到達深度は最大3mmです。太さは33ゲージ(約0.2mm)です。
傷ついた皮膚は肌が本来持つ再生能力によって修復されます。
これが創傷治癒です。この創傷治癒過程において、
コラーゲンやエラスチンが大量に作り出されるため、
元々あった肌よりも若返った肌になる、肌の入れ替わりが起こります!
肌の入れ替わりが起こることで、小じわや毛穴の開きを改善し、
ハリのある若々しい素肌だけでなく、
ニキビ跡や傷跡の改善も期待できます!
さらに、穴があいている状態で、美肌用の薬剤を塗布することで、
薬剤の成分が皮膚の奥深くまで浸透し、より良い効果が期待できます!!!
治療直後は皮膚に赤みが出て、出血する場合がございます。
赤みや内出血は、通常、数日で消失しますが
治療後にご予定がある場合は注意してください。
また個人差がございますがフラクセルより痛みが強い場合がございます。
無料でジェル麻酔を行いますが有料の笑気麻酔の併用がお勧めです。



さて、フラクセルレーザーは照射することで皮膚に直径0.2mm、深さ最大約1.4mmの熱変性をおこし、古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていくという治療です。
こちらは組織の深部までエネルギーを到達させることが可能です!
皮膚表面を蒸散させるタイプのレーザーを照射した際に起こる
広範囲の損傷もないため、ダウンタイムを最低限に抑えることができます。
シミ、くすみ、目の下のクマ、色素沈着、色素消失、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、たるみ、瘢痕など
あらゆる症状に有効です!!!
照射後にポツポツとした赤みができることがございますが、2〜3日程で消失いたします。
5〜7日程でかさついた感じが取れてきて、
肌にしっとり感と張りを感じるようになります。
日焼けした際の症状に似ていますが、痛みは伴わず、2週間ほどで消失します。
治療の際は無料でジェル麻酔を行います。


どちらも肌を入れ替える効果があるのですが
それぞれの特徴があります!!!
当院院長は多くの最新機器を所有しており、とっても詳しいです!!!
カウンセリング時に、しっかりとご説明いたします!
ご納得いただけるまで、お話しください!!!!




T R A C K B A C K

この記事のトラックバックURL

http://www.s-kyoritsu.com/blog/blog.cgi/takahasi_1587877185










RSS


RingBlog ver.2.2