美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

二重術共立式埋没法

共立の埋没法なら、腫れにくく糸も見えません。

共立式拳筋法なら腫れにくく糸が見えないから安心。

埋没法は二重を形成する施術のなかで非常にポピュラーな施術です。
施術としては細いナイロンの糸でまぶたの置くの皮膚を縫い合わせ、二重を形成します。腫れ、傷がすくなく、やり直しも可能で、値段も安いという特徴です。また、実際に埋没法を行った後で二重のラインを修正したくなっても簡単にできることも特徴です。

埋没法は簡単な施術に見えますが、実は各医院によって手法が異なります。埋没法には大きく分けると2種類あり、腫れ出血が多いものの手術の簡単な瞼板法(けんばんほう)と腫れの少ない挙筋法(きょきんほう)があります。
共立美容外科仙台院では腫れの少ない挙筋法をさらに改良した独自の埋没法を行っております。

施術前 before

施術前

施術後 after

施術後

共立美容外科仙台院の埋没法・共立式挙筋法と他院の埋没法・瞼板法の施術内容の違いについては以下を御覧ください。

共立式挙筋法と他院瞼板法の術式の違い

このような方へおすすめ

  • 瞼にタルミはなく、お手軽に二重にしたい
  • 皮膚を切りたくない
  • 埋没法をしていることがバレたくない
  • 短いダウンタイムがいい
  • 過去におこなった埋没法を修正したい

埋没法のメリット・デメリット

埋没法はリスクも少なく、時間も10~20分程度で終了することから、手軽にできる二重まぶたの施術法として支持されております。しかし、幅広い平行型二重の形成や皮膚の余りをを解消することはできず、全ての症例に適応できるわけではありません。

埋没法のメリット

  • 他の手術に比べ、皮膚を傷つける割合が1番少ないこと
  • 他の手術に比べ、腫れが非常に少ない点。
  • やり直しができること。だいたい、3カ月以内であれば、糸をとって元に戻せます。

埋没法のデメリット

  • たるみはとれない。
  • 瞼の厚い人や蒙古ヒダの発達している人では、広い幅の二重はできない。
  • 3.5〜10%の割合で、ラインが薄くなったり、取れたりする。

以上のように制限はあるものの、安全性の面なので優れた利点が有ります。そのため、特に若い人で、最初の手術としては、埋没方をお勧めします。一度、埋没法で二重にした後、もし、「ラインがとれる」とか、「もっと幅の広い二重にしたい」とか、「たるみも取りたい」とかと思うなら、その後で切開法や、目頭切開を検討なさっても遅くないと思います。

埋没法で、こんな目の形になれます!

埋没法でかなえられる二重の形

末広型二重

末広型二重

症例にもよりますが基本的に埋没法では末広型二重にしかなりません。

埋没法には向いていない二重の形

並行型二重

並行型二重

女優などに多く人気のある平行型二重ですが、目頭切開・目頭形成が必要になります。

埋没法では、何ヶ所で止めるのはいいの?

2点止めはある程度二重瞼のクセが付いている方には行っておりますが、外れやすく、また幅広い二重まぶたをお望みの方には適しておりません。共立美容外科仙台院では基本的に4点止めをお勧めしております。また、まぶたのタルミが強い方は、共立独自の8点止めもお勧めしております。

共立美容外科の埋没法:共立式拳筋法の特徴

❶ 共立式拳筋法なら腫れにくく、糸が見えない

共立美容外科仙台院の埋没法は眼の奥にある挙筋に糸を通す挙筋法です。他院で多く行われている埋没法は瞼の中にある固い瞼板に糸を通す瞼板法です。瞼板法の場合、瞼板に糸を通すと瞼板が歪み腫れの原因になります。また、瞼をヒックリ返すとナイロンの糸が見えてしまいます。
しかし、瞼板よりも奥にあり、共立式挙筋法では柔らかい挙筋に糸を通すため腫れも少なく、挙筋は眼の奥にあるため瞼を返しても糸は見えません。もちろん瞼板は歪みません。

正常瞼板
正常瞼板
瞼をひっくり返すと毛細血管が多数存在することがわかります。
他院瞼板法
他院瞼板法
他院瞼板法
他院の瞼板法では瞼板にナイロンの糸を通すので、瞼をひっくり返すと糸が見えてしまいます。 他院の瞼板法では瞼板にナイロンの糸を通すので、瞼をひっくり返すと糸が見えてしまいます。
拡大画像
共立式挙筋法術後
正常瞼板
共立では独自の手法により、瞼板に糸を通しませんので瞼板が変形したり、 糸が見えてしまうことがありません。傷跡がわかりますか?
拡大画像

❷ 安心の1年保障

共立式挙筋法(埋没法)は1年保障がついています。皮膚が厚い方やタルミが強い方は皮膚が元に戻る力が強い場合があるのでラインがとれてしまう場合があります。そんな時のために当院の埋没法には1年保障がついています。ラインがとれた場合、1年間は無料で修正します。どうしてもラインが取れることが不安な方は部分切開と埋没法を組み合わせた『フォーエバー二重』をお勧めしています。

❸ 施術中の痛みもほとんどありません

当院では埋没法の際に2種類の麻酔を行います。1つ目は点眼麻酔です。点眼麻酔をすることで本番の麻酔である局所麻酔を注射するときの痛みをやわらげます。その後局所麻酔を行うことで施術中の痛みをほとんど感じません。局所麻酔の針も痛みの少ない極細の針を使用します。さらに、痛みや術後の腫れに不安がある方にはオプションの『腫れ止めセット』をお勧めします。

❹ 正面で見た時に自然で美しいラインにデザインします

二重は、視線によって全く幅が変化します。上目遣いでみると、幅は狭くなり、下を見ると、幅は広くなります。これは同じ割合でいくのではなく、皮膚の厚い方は、上目遣いでは広く見え、薄い皮膚は、下を見るときに、幅が広くなります。また、額に力をいれて、目を大きくするだけでラインの幅は変化します。あくまで、デザインは、遠くを自然に見た形で出します。

❺ 共立仙台独自の結び方で糸が取れにくい

柔らかい挙筋に糸を通す挙筋法では瞼板に糸を通す場合に比べて多少ゆるくても十分に止まり、外れません。しかし、当院では結び方を工夫することでより外れない埋没法になっています。

❻ 充実なオプション

挙筋法は瞼板法よりも腫れは少ないですが少しは腫れが出てしまいます。その腫れや手術中の痛みをより抑える『腫れ止めセット』や平行型の二重にできる『平行型二重形成』、より優しく大きな目元にできる『涙袋形成』、そして追加保障など共立式挙筋法(埋没法)には様々なオプションをご用意しています。

共立美容外科仙台院の埋没法・共立式挙筋法と他院の埋没法・瞼板法の施術内容の違いについては以下を御覧ください。

他院瞼板法と共立式挙筋法の違い

二重 瞼板法(けんばんほう)

2点止めになります。施術は簡単で早く終了しますが、糸は硬い瞼板の粘膜に露出します。取れ易く、腫れや出血も挙筋法に比べ強くなり、糸が眼球に接する場所で露出するので、眼の奥がゴロゴロするなど違和感強くなります。

埋没法は糸でまぶたの奥を縫い合わせることで二重を形成する施術方法です。

他院 瞼板法
他院 瞼板法
他院の埋没法は硬い瞼板に糸を通して行うため、痛みや腫れが強く出ます。
また、糸が眼球に接する部分に出ているため、違和感もあります。

ここで問題になるのが、どの箇所に糸を通すか?ということです。
多くの美容外科では「瞼板法」を採用しております。瞼板(けんばん)とは、まぶたの中に存在する硬い線維性の組織です。この硬い組織に糸を通さなければならにため、太い針と多量の麻酔が必要です。そして、腫れ易く、糸もほつれ易いのも特徴です。

瞼板法(けんばんほう)のメリット

  1. 簡単な施術なので、未熟な医師でも可能

瞼板法(けんばんほう)のデメリット

  1. 太い針での施術になる。
  2. 痛いので、麻酔が多量に必要。
  3. 硬い組織に瞼の皮膚を固定するので、強く縛る必要があり、腫れが強く出る。
  4. 硬い瞼板組織は糸の力より強く、二重のラインがとれ易い。
  5. 瞼板が変形し、違和感が強い。
  6. 糸が瞼板に露出するので、眼科では整形手術をしたことがすぐにわかる。

瞼板法の手術手順

瞼板法の手術手順

1.瞼の内側から瞼板に糸を通し、外側にでた糸を再度皮膚へ通します。

1.瞼の内側から瞼板に糸を通し、外側にでた糸を再度皮膚へ通します。

2.通した糸の反対側(B)も瞼板から糸を通し、最初の糸と結びます

2.通した糸の反対側(B)も瞼板から糸を通し、最初の糸と結びます

3.完成です。

3.完成です。

瞼板は硬い組織のため、糸を通して結びつけるとどうしても瞼板が歪んでしまいます。その結果瞼が厚ぼったくハレてしまいます。
共立美容外科仙台院では挙筋法をお勧めしております。

二重 共立式挙筋法(きょうりつしききょきんほう)

挙筋法を改善を改善した共立美容外科仙台院独自の施術です。4点止めでになります。腫れや出血も瞼板法に比べて少なく、結目を1本づつチェックするので、ラインが取れににくく、瞼を返しても糸がわかりません。当院がお勧めする二重術です。

共立式埋没法(挙筋法)の特徴

瞼板法(けんばんほう)は硬い瞼板に糸を通すため、痛みや腫れが強かったのですが、共立では瞼板の上部にある柔らかい挙筋を通して糸を結ぶ挙筋法をベースに独自の工夫を加えております。

共立式 挙筋法
共立式 挙筋法
共立美容外科仙台院の埋没法は柔らかい挙筋に糸を通す挙筋法です。
腫れや違和感が少なく、瞼を裏返しても糸が見えません。

共立式埋没法(挙筋法)のメリット

  1. 極細の針を使用。
  2. 痛みが少ないので、麻酔は極少量。
  3. 柔らかい組織に瞼の皮膚を固定するので、多少ゆるくても十分に止まる。
  4. 瞼板を通さないので、瞼板の変形がなく、違和感はほとんどない。
  5. 眼科にいっても、殆ど気づかれない。

共立式埋没法(挙筋法)のデメリット

  1. 高度な技術が必要なためベテランの医師にしか使いこなせない

以上の理由で、腫れが非常に少なく、ラインがしっかりとでる綺麗な二重が可能となったのです。

共立式挙筋法の施術手順

共立式挙筋法の施術手順

1.瞼の内側から瞼板より奥にある挙筋に細いナイロンの糸を通します。

1.瞼の内側から瞼板より奥にある挙筋に細いナイロンの糸を通します。

2.糸が出てきた場所に出てきた糸を通します。同じようにもう2箇所に糸を通します。

2.糸が出てきた場所に出てきた糸を通します。同じようにもう2箇所に糸を通します。

3.②で通した糸も同様に③の場所へ皮膚を通します。

3.②で通した糸も同様に③の場所へ皮膚を通します。

4.両端からの糸を結びます。そして、端の糸に別の糸を通して(④)、引き上げることで⑤の結び目を皮膚の中へ入れることができます。

4.両端からの糸を結びます。そして、端の糸に別の糸を通して(④)、引き上げることで⑤の結び目を皮膚の中へ入れることができます。
4.両端からの糸を結びます。そして、端の糸に別の糸を通して(④)、引き上げることで⑤の結び目を皮膚の中へ入れることができます。
4.両端からの糸を結びます。そして、端の糸に別の糸を通して(④)、引き上げることで⑤の結び目を皮膚の中へ入れることができます。

5.結び目がしっかり中に入り、図のように4点の跡が残ります。目を開いた時に意図が皮膚を引いて平行型の二重のラインが綺麗にでます。

5.結び目がしっかり中に入り、図のように4点の跡が残ります。目を開いた時に意図が皮膚を引いて平行型の二重のラインが綺麗にでます。

6.完成です。

6.完成です。

症例にもよりますが埋没法では末広型の二重にすることしかできません。平行型二重にするには目頭形成か目頭切開が必要になります。
共立の埋没法(挙筋法)は通常の硬い瞼板に糸を通す埋没法(瞼板法)と異なり柔らかい挙筋に糸を通すため瞼のハレは非常に起こりにくくなります。また、瞼を開いても糸が見えることはありません。

ダウンタイム・副作用

コンタクトレンズも使用できませんので眼鏡をご持参ください。

術後〜3日 麻酔による多少の腫れがありますが他人からわからない程度です。
7日〜10日 目をつぶると瞼の上の糸でとめた所が1つ2つの小さな穴のようにくぼんで見える場合がありますが7〜10日間で目立たなくなります。
1ヶ月後 ラインが馴染み、完成となります。ラインが馴染むまでに多少の痛みや突っ張った感じを受けられる方もいらっしゃいます。

注意事項

  • 手術3日前よりアイプチ・アイテープ等は禁止です。
    ※ 瞼に炎症等、結膜炎の場合は手術が出来ませんのでご注意ください。
  • 現在、お薬内服中・妊娠中の方や以前に麻酔や注射・内服等での具合の悪くなった方は手術前に医師にお伝えください。
  • 手術前日は禁酒です。
    ※ 手術は体調の良い時に受けられるよう当日は体調を整えてご来院下さい。
  • 手術後当日はお車、バイク、自転車の運転は禁止です。
  • 当日はメイク、マニキュア(両手足)、コンタクトは手術前にはずして頂きます。
  • ☆洗面台での洗髪、首より下のシャワーは当日から可能です。
  • ☆メイク、洗顔、お車の運転、飲酒、激しい運動は翌日から可能です。
  • ☆アイメイクは4日後から可能です。
  • 湯船は1週間後から可能です。
  • コンタクトレンズは、ソフトレンズ4日後、ハードレンズ1週間後から使用可能です。
    ※レンズを装着し、痛みや圧迫感がある時はその症状が消失してから使用して下さい。
  • 術後は二重の幅が必ず広く見えます。
    ※他の手術に比べると、腫れは少ないのですが、それでも多少瞼に腫れが出てきます。瞼が腫れるというと、瞼が厚ぼったく見えるイメージがありますが、手術の後は、二重の幅が広く見えます。デザインは、患者の希望に沿って、正確にデザインし、正確に糸を入れて固定しますが、必ず幅は広くなります。ここはぜひ覚えておいてください。この腫れは、急速に吸収されていきます。だいたい3日ほどで、半分程吸収され、1週間たつと、70%から80%程吸収されますが、これで完成ではありません。完全に、デザイン通りになるのは、1カ月ほどかかります。その間、ほんのわずかではありますが、二重の幅は広く見えます。

料金料金一覧はこちら

施術 価格 備考
共立式拳筋法 60,000円 1年保障付き
ラインが取れた場合は無料で1年間修正します

追加オプション

平行型二重形成:30,000円

共立式挙筋法にて目頭を形成し、平行型二重にします
※蒙古襞が強い場合は適応できない場合があります。その場合は目頭切開が必要となります。
※保証オプションも追加適応可

涙袋形成:30,000円

ヒアルロン酸を注入することで眼下に涙袋を形成します。涙袋は目を大きく、女性らしい可愛らしい印象を与えます。

涙袋形成についてはこちらをクリック

腫れ止めセット:20,000円

術後の腫れや術中の痛みを通常の施術より抑えるオプションです。
痛みの少ない34G針、中性麻酔、アナペインを使用します。
中性麻酔
通常の麻酔(酸性)よりも注入時の痛みが少なく、止血作用のあるボスミン(血管収縮)とトランサミン(血液凝固)を酸性よりも活性化します。
アナペイン
術後使用の効果が長時間持続する局所麻酔。通常2時間程度ですが4-6時間持続します。

追加保証オプション:3年保障30,000円/セレブ保証30,000円

追加保障オプションは、上記2種類のいずれか一方をお選びいただく事ができます。
3年保証
ラインが取れた場合は無料で3年間修正します。
セレブ保証
1年間、微調整に何度でも応じます。(だだし、最低1ヶ月間隔)

その他二重術のご紹介

  • より長く取れにくい二重

    当院開発のフォーエバー二重は部分切開と共立式挙筋法を組み合わせた非常に取れにくい二重術です。

  • ワンランク上の大きな瞳

    当院開発のBigEye挙筋法はより大きな瞳を大きくみせる二重になれるように共立式挙筋法に改良を加えたものです。ワンランク上の大きな瞳をお望みなら是非ご相談ください。

  • 幅広く美しい平行型二重

    埋没法は末広型二重にしかできません。芸能人のような平行型二重にするには、一重の主な原因である蒙古襞を切開し形成する目頭切開が必要になります。当院の目頭切開は特殊なW字型切開により傷跡が目立たず腫れの少ない目頭切開です。また、蒙古襞が弱い方は切らずに平行型二重を形成する目頭形成でも行えます。

  • 瞼が厚くタルミも強い

    瞼が厚く、タルミが強い方には部分切開もしくは全切開に脱脂を組み合わせた施術をお勧めします。

よくある質問

「手術後も腫れない」というふれこみだったのに、かなり腫れ上がっていますが。

埋没法は腫れの少ない二重手術ですが、「腫れない」というわけではありません。外科的な手術には、必ず「腫れ」が伴います。これは傷口を治すための身体的な反応だからです。埋没法が「腫れにくい」というのは、切開法に較べて、腫れの症状が軽いという意味だと考えてください。
腫れがひくまでの期間には個人差があります。術後30分以内(つまり、院内の回復室で休んでいる間)にひいてしまう人もいれば、翌朝までにはひいてしまう人もいます。この程度を標準と考えていますが、2~3日、あるいは2週間ほど腫れが持続する人もいます。

埋没法の手術を受けても、何ヶ月か後にラインがとれてしまうと聞きましたが?

埋没法は医学書にも記載されている手堅い方法で、二重のラインがとれることは通常はないと考えられています。しかし、現実には、取れてしまう人も存在します。
埋没法は、ライン(つまりしわです)のくせをつける手術です。皮膚の回復力が強い人の場合は、このくせが取れやすいのではないかと考えられます。なお、とれてしまった場合、1年以内なら無料で再手術を行います。

埋没法による手術の場合、眼にダメージを与えるケースが多いと聞ききましたが…?

質問

埋没法による手術の場合、眼にダメージを与えるケースが多いと聞ききましたが。瞼の裏側に糸が出ていると、瞼の毛細血管や細胞を傷つけるので、眠っている時などに酸素等を送る役割をする毛細血管等が通常の働きができなくなり、眼に負担がかかるとのことです。こちらで手術を受けたのですが、とても不安です。

お聞きになった話の出所はわかりませんが、そのような説明をする医師もいると聞きます。
埋没法では結膜下に糸が通ります。最初のうちは、コンタクトレンズをしているときのようなゴロゴロ感を感じることもあります。
もし、この糸が皮膚から露出してしまったら、すみやかに糸を抜きます。抜糸せずに放置しておけば、目に確実にダメージを与えます。不安視されているのは、このような危険性のことだと思います。
しかし、角膜は刺激に鋭敏です。手にほこりがついても気づきませんが、目にほこりが入れば誰だって痛みますね。糸が露出して目にあたれば、痛くてたまらないはずです。放置しておけるものではありません。
したがって、「埋没法は目にダメージを与える」という話は、「糸が露出するという特殊なケースが起こり、しかも、その痛みに対して、平気で眠っていられるほど強靱な忍耐力を持っている人」を想定していますので、何らかの意図のある情報操作なのではないかと思えます。
ただ、用心に越したことはありません。何か不安に感じたら、検査にお越しください。

埋没法の糸はずっと入ったままですか?

ずっとはいったままです。糸が入ったままだと気持ち悪いという人がいますが、心臓の手術でも脳の手術でも糸は入ったままです。もし、糸が悪い影響を与えるのであれば、心臓の手術をした人は死んでしまいます。脳の手術でも同様です。心臓や脳でも大丈夫だから、皮膚では当然大丈夫です。

共立の二重は、腫れが少なく、取れにくいとのことですが、それはどうしてでしょうか?

手術自体を工夫しているからです。瞼をひっくり返しても、紙のように丸めることはできません。これは、瞼の中に厚く硬い繊維性の板があるからです。これを瞼板といいます。他院では、この瞼板を通して糸を結びます。瞼板は硬いので、太い針が必要であり、止まり難いので強く結ぶ必要があります。このため瞼板が変形し、違和感が強く出たり、出血が多くなります。そのため非常に腫れた二重となります。また、眼科に行くと糸が瞼板に露出しているので、直ぐわかってしまします。共立の二重は、この瞼板の上方の挙筋から糸を通します。この部位は、軟らかいので、細い針で通し、ゆるくとめることができます。そのため、瞼板の変形は少なく、出血も少なくなります。糸は1本ですが、縫い合わせることで通常3-4点で固定します。したがって、ラインも取れにくいのです。通常、瞼をひっくり返してもわかりません。だから、眼科の先生がびっくりします。ただし、この方法は、緩める程度が難しいので、高い技術が必要です。

整形で二重にした場合と、生まれつきの二重との区別はできますか?

直後は、糸が通過した後が赤く皮膚に残ります。2日~1週間くらい経つと、通常、殆どわかりません。
ただし、寝かせてよくよく見ると、糸の結び目がかすかにみえることがあります。また、他院の二重では、瞼の裏の瞼板にとめるので、瞼を返すと誰でもわかります。共立の二重は、瞼をかえしても殆どわかりません。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み