美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

フラクセル II

あらゆる皮膚のお悩みを解決!!
憧れのベビースキンに

あらゆる皮膚のお悩みを解決!!憧れのベビースキンに

シミやくすみ、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、傷跡、アクネスカーなど様々な肌トラブルに効く治療法があるとしたらいかがでしょうか?フラクセルは「古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていく」ことであらゆる肌のお悩みを解決しつつ、あこがれのベビースキンを実現します。

このような方へおすすめ

  • ベビースキンになりたい
  • 肌のアンチエイジングがしたい
  • シミやくすみ、アクネスカーなど肌の悩みを解決したい
  • 短いダウンタイムがよい
  • 特に、目の周りの細かいシワ、ちりめん皺をとりたい。
  • 傷を消したい。

フラクセルIIの適応

  • 白斑の治療
  • シミ(老人性色素斑)の治療
  • シミ(肝斑)の治療
  • 毛細血管拡張症の治療
  • シミ(炎症性色素沈着)の治療
  • お肌の色素消失の改善
  • 傷跡・ヤケド跡の治療
  • ソバカス(雀卵斑)の治療
  • シワ・ニキビの治療
  • 肌質の改善

・・・などに効果を発揮します

フラクセルIIの適応と効果的な施術部位

1. 白斑の改善

頬に出来たシミの改善例

25歳男性。アマゾンで購入したホクロを取るクリームを塗ったら脱色し、白くなる。フラクセル4回照射。シミ、色素沈着を治療する方法は他にも一杯ありますが、「白斑治療」はフラクセルが数少ない治療法です。

2. 色素性病変:しみ、くすみ、色素沈着、色素消失の改善

頬に出来たシミの改善例

△頬に出来たシミの改善例(クリックで拡大します)

色素斑が消えるだけでなく、皮膚のキメが整い、若々しい肌へと入れ替わります。

手の甲に出来たシミの改善例

△手の甲に出来たシミの改善例(クリックで拡大します)

長年ある手のシミは、なかなか普通のレーザーでは取れにくいものでした。フラクセルは、単にシミ、くすみを取るだけでなく、肌のキメの整った、若々しい肌に変えていきます。

デコルテ(鎖骨部)周辺の肌の改善例

△デコルテ(鎖骨部)周辺の肌の改善例(クリックで拡大します)

首筋から胸元は年齢による変化の出やすい部位です。これまで効果的な治療法は無かったのですが、フラクセルによって、たった数回の照射で、ここまで若返らせることが出来るようになりました。

3. 繊維成分の過剰蓄積 : 瘢痕、ニキビ跡、傷跡、リストカット、たばこの火傷、妊娠線、肉割れ

外科手術による傷跡の改善例

△外科手術による傷跡の改善例(クリックで拡大します)

肉割れの改善例

△肉割れの改善例(クリックで拡大します)

4. 繊維成分の減少 : 小じわ、たるみ、目の下のクマ

小じわ、たるみの改善例

△小じわ、たるみの改善例(クリックで拡大します)

5. 皮膚の審美的障害 : 毛穴の開き、ニキビ跡、皮膚のテクスチャーの改善

ニキビ跡の改善例

△ニキビ跡の改善例(クリックで拡大します)

フラクセルは、古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えていきます。その為、ニキビ跡、毛穴の開きなど、皮膚の凹凸の改善に劇的な効果が期待できます。肌の透明度も増加し、明るい若々しいベビースキンへと生まれ変わっていきます。

ニキビ跡の改善例

ニキビ跡の改善例(クリックで拡大)

毛穴の開きの改善例

毛穴の開きの改善例(クリックで拡大)

当院症例にて更に詳しく紹介しております。ぜひ御覧下さい。また、フラクセル開発・製造元のウェブサイトFraxel.comの閲覧もお勧めいたします。英語のページですが、さらに多くの症例写真をどなたでも気楽に御覧いただけます。)

症例写真はこちらからクリック!

フラクセルの特徴

フラクセル」は「古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていく」という発想から生まれた革新的なレーザー治療器です。シミ、くすみ、目の下のクマ、色素沈着、色素消失、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、たるみ、瘢痕、傷跡、アクネスカー(にきび跡の陥没)等々、殆ど全ての皮膚の加齢現象及び老化に有効なことから「アンチエイジングの決定版」とも謳われ、世界的な高評価を賜っております。

皮膚を置き換える治療は他のレーザーやTCAピーリングなどがありますが、長時間のダウを必要とするものしかありませんでした。しかし、フラクセルははるかに短いダウンタイムで『皮膚を入れ替える治療』を可能にしました。

❶ あらゆる皮膚の治療が可能

フラクセルは他のレーザー治療のように特定の色素や大きさに反応するわけではなく、皮膚に対して非常に細かに高いエネルギーのレーザーを照射し皮膚にダメージを与え、そのダメージが回復することで新しく新鮮な皮膚が出来上がる治療です。そのため、シミ、くすみ、目の下のクマ、色素沈着、色素消失、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、たるみ、瘢痕、傷跡、アクネスカー(にきび跡の陥没)等々、殆ど全ての皮膚の加齢現象及び老化に有効です。

❷ 高い安全性

皮膚にダメージを与えるというと不安になるかと思いますが、「フラクセルII」は米国FDA(日本の厚生省にあたる機関)に認可された治療器であり、高い安全性と信頼性を誇ります。しっかりと科学的根拠にたったメカニズムを基にした治療ですので安心してください。
(米国リライアント社のWebサイトにフラクセルシリーズのFDA認可に関するプレスリリースが発表されています。英語のページですが、「フラクセル」とその開発元のリライアント社についてより詳しくお知りになりたい方はこちらを参照されてはいかがでしょうか。)

フラクセルのデメリット

  • 痛みがある

    フラクセルは皮膚に(直径0.2mm、深さ最大約1.4mmの熱変性をおこし(MTZといいます)、古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていくという治療です。皮膚に、1cm2当たり、何十から何百のちいな穴を開けるとの同じことを意味しているので、痛みは当然あります。)そこで共立美容外科仙台院では患者様に快適な治療を受けていただけるよう、痛みを軽減する麻酔を各種取り揃えております。

  • 複数回の治療が必要

    「フラクセル」の最大の特徴は、変性させた組織の周囲に健康な組織を残すということです。そのため、ダウンタイムなく、徐々に新しい皮膚に置き換えることができます。しかし、1回の治療で新しい皮膚に入れ替わるのは12~20%程ですので、全体の入れ替えには4~6回の治療が必要になります。

フラクセルのメカニズム

施術の流れ

カウンセリングを行います

まず、治療内容や経過の詳細等について、長年の経験と実績を持つ当院の熟練ドクターからご説明申し上げ、患者様からのご希望やご予算などについてお伺いし、肌や体質のチェックを交え、丁寧なカウンセリングを行います。充分にご納得いただいた上で、照射部位、回数、施術日などを決めてまいります。

洗顔していただきます

クレンジングおよびソープで治療部位をきれいに洗い流していただきます。

麻酔をかけます

施術中の痛みや熱感を低減させるため、テープ式の麻酔を貼付します。皮膚感覚が麻痺するまで約1時間程度お待ちいただきます。

フラクセルレーザーを照射します

本照射前にテスト照射を行い、患者様にとって最適な治療レベルを設定します。
シミ、毛穴の開きなどの治療には出力を抑えて密度を上げ、ニキビ跡やシワの治療には出力を強くするといった調整を行います。
フラクセルIIは、1550nm(ナノメートル)の波長を持つレーザーを使用し、組織の深部までエネルギーを到達させることが可能です。皮膚表面を蒸散させるタイプのレーザーを照射した際に起こる広範囲の損傷もないため、ダウンタイムを最低限に抑えることができます。
照射に要する時間は、フルフェイスで約20分首と手はそれぞれ約10分ほどです。

終了

施術後1~2時間程、日焼けした時のような感覚があるかと思われますが、徐々に通常の状態に戻ります。
24 時間以内に施術部位の再表皮化が始まりますが、紫外線が大敵となりますので、日焼け止めの処置を行います。また、フラクセルは角質層にダメージを与えないので、理論的には施術直後のメイクやシェービングも可能ではありますが、当院では翌日からなさるようにお願いしております。お帽子やサングラス等を必要に応じてご持参されるようお勧めしております。

術後の経過

個人差はありますが、施術後1日~2日で腫れや赤みは治まります。
5日から一週間ほどでかさついた感じが取れてきて、肌にしっとり感と張りを感じるようになります。日焼けした際の症状に似ていますが、痛みは伴わず、2週間ほどで消失します。
肌の入れ替えによる本来の効果が現れるまでの目安は施術の3~6ヶ月後です。
フラクセルIIは、1回の治療で12~20%の皮膚の入れ替えを実現させます。ベストな肌の入れ替えを促進するために、当院では4週間の間隔で3~5回程度の治療を行うことをお勧めしております。

※治療に関する諸注意

1. 施術前

フラクセル治療を効果的に行う為に、治療の1ヶ月前から日焼けを避けてください。日焼け後のお肌は炎症を起こしている状態の為、治療に向きません。また、ピーリングやトレチノインの治療後もお肌が敏感な状態になっておりますので、フラクセル治療の1週間前からストップする必要があります。
ボトックスやヒアルロン酸、コラーゲン等の注入治療をされている方は、それらの治療をされてから1週間以上空けてから、フラクセル治療を行うことができます。詳しくは医師にご相談下さい。

2. 施術当日

赤みが強くなる場合がございますので、洗顔、メイク、シャワー、アルコールの摂取は控えていただきます。(翌日から可能になります。)

3. 施術後

日焼け止めを御使用になり、フラクセル照射後1ヶ月は強い日焼けをしないでください。
フラクセル照射翌日から、1週間にわたって、肌が乾燥し、ザラザラした感じになります。しっかりと保湿を行うとともに、顔を強くこすって無理にはがさない様にしてください。洗顔される際には、低刺激性の洗顔フォームを良く泡立てて使用してください。
治療期間中、またはフラクセル照射後1週間以内には、レチノイン酸やトレチノイン・AHAなどが配合された化粧品や洗顔料などを使用しないで下さい。
フラクセル照射後、一時的に色素沈着や赤みが見られる場合がありますが、照射部を日光にあてない様にすることで徐々に消えていきます。色素沈着の予防や、早期解消の為にビタミンCをなるべく多く摂取される事をお勧めします。
フラクセル治療期間中に、他の光線治療やピーリングなどを希望なさる場合は、施術後1週間ほど避けるようにして下さい。

フラクセルII 料金表

フラクセルII 料金エリア

使い古した肌をリセットし、新しい肌へ入れ替えます。アンチエイジングの決定版です。
-毛穴がとれます。ニキビ跡に効果大です。
-ベビースキンへ戻します。
-くすみ、シミをとり、肌を入れ替えます。
-特に、目の下のシワ、クマに有効です。

料金 1回 3回 5回
40,000円 108,000円 160,000円
目の下 30,000円 81,000円 120,000円
30,000円 81,000円 120,000円
頬上 30,000円 81,000円 120,000円
頬下 30,000円 81,000円 120,000円
口周り 40,000円 108,000円 160,000円
顎下 40,000円 108,000円 160,000円
60,000円 162,000円 240,000円
目の下+鼻+頬上 90,000円

60,000円
243,000円

162,000円
360,000円

240,000円
顔全体+顎下 100,000円 270,000円 400,000円
顔全体+顎下+首 140,000円 378,000円 560,000円
手の甲 両方 60,000円 162,000円 240,000円
手の甲 片方 40,000円 108,000円 160,000円
面積計算 1回 3回 5回
片手のひら 40,000円 108,000円 160,000円
傷、瘢痕、肉割れ、妊娠線:最初の1cm 20,000円 - -
傷、瘢痕、肉割れ、妊娠線:1cm毎 3,000円 - -
  • 1回の治療で12~20%の皮膚の入れ替わりを目指します。
  • 治療部位は顔、首、デコルテ、手などに対応しています。
  • 治療時間はフルフェイスで約20 分。首と手は各約10 分ほどです。
  • 再表皮化は照射後24 時間以内に起こります。
  • 最善の効果が現れるのは3ヶ月から6ヶ月後です。
  • 治療回数の目安は3~6回。間隔は4週間です。
  • ノーダウンタイムまたはミニマム・ダウンタイムの治療です。
  • 角質層は水分が少なく光を吸収しないため、安全に保護され感染を防ぎます。
  • 角質層が影響を受けないので、照射した日のメイクやひげ剃りも可能ですが、翌日からにしてください。
  • エネルギーやスポット密度を変えることで、治療内容をアレンジできます。 ニキビ跡やシワは出力を強く、シミ、毛穴の開きは、密度をあげる必要があります。

快適な治療のために

共立美容外科仙台院ではお客様に快適な治療を受けていただくために、痛みを緩和する麻酔を各種ご用意しております。

局所麻酔:刺青の皮下に局所麻酔液を極細の長い鍼で注入していきます。手のひら2つ分程度の面積しか使用できません。麻酔が浸透すれば痛みはほとんど感じませんが、針をさすときにやや痛みがあります。

静脈麻酔(ロピオン):点滴で行う麻酔です。非常に手軽に鎮痛が可能です。喘息、胃炎や消化管潰瘍がある方は使用できません。

静脈麻酔(ドルミカム):点滴で行う麻酔です。点滴をすると徐々に眠くなり、最後は完全に意識を失います。ドルミカム自体に鎮痛作用はありませんが、鎮痛作用で痛みをコントロールできる。ロピオンと組わせるとさらに強い痛みに耐えられるようになる。

笑気麻酔:鼻から吸い込むと、気分が爽快になりあらゆる苦しみから解き放たれた感じになる。強い鎮痛作用を持つが意識ははっきりしていて周囲のこともよく理解できる。

麻酔の強さ

強い ロピオン+ドリミカム+笑気
ロピオン+ドリミカム = 局所麻酔 = 座薬+ドリミカム
  ロピオン = 座薬
笑気
弱い ドリミカム

料金

局所麻酔 5,000円
座薬 1,000円
静脈(ロピオン) 5,000円
静脈(ドルミカム) 5,000円

笑気麻酔(使用時間によって異なります。)

15分以内 3,000円
30分以内 5,000円
45分以内 7,000円
60分以内 9,000円

※上記にあるように麻酔は組み合わせて行えます。組み合わせた場合はそれぞれ割引を適応します。
(2組:麻酔料総額の20%OFF、3組:麻酔料総額の30%OFF)

料金一覧はこちら

共立美容外科仙台院がお勧めする効果的な施術の組み合わせ

レーザーリフティング + フラクセルII + アンコア

目の下のクマ、シワ、タルミ取り
当院で開発されたレーザーリフティングは130J/cm2という非常に高いエネルギーを照射し、真皮のコラーゲンに熱変性を起こさせ、再構築を促します。この結果、皮膚の収縮がおこり、たるみ、シワが改善いたします。
また、アンコアはCO2レーザーです。組織を蒸散させるほど強力なレーザーですが、フラクセルの苦手な目の際や瞼、陥没や傷跡、シワに沿って照射することが出来ます。
このレーザーリフティングにフラクセルと組み合わせることによって目の下のクマ、シワ、タルミに対して相乗的に効果的な治療を行うことができます。
ただいま、キャンペーン中です。この機会に是非お試しください。

施術 価格 キャンペーン価格
目の下のクマ、シワ、タルミ取り(3回セット) 195,000円 176,000円

レーザーリフティング

アンコア

サーマクールNXT・CPTキャンペーン

サーマクールNXT・CPTは高周波でたるみをとる画期的なタルミ治療器です。
共立美容外科仙台院では第2世代サーマクールNXTと、痛みを緩和し効果をアップした最新上位機種サーマクールCPTを導入しております。

只今、キャンペーン中につき、サーマクールNXT・CPT400ショット以上をご契約のかたにサーマクールNXT/CPT 400shot以上の施術を受けていただくと当院の誇る目回りのタルミ・シワの人気治療『フラクセルII』、『レーザーリフティング』、『フォトRFオーロラ』から2つの施術サービス!!
詳しくは下記リンクをご参照ください。

サーマクールNXT・CPT料金

サーマクールNXT・CPTとフラクセルII(目の下+鼻+頬上 2回)の セット

部位・内容 料金
サーマクールCPT 400ショット
+ フラクセルII(目の下+鼻+頬上 2回)
¥220,000
サーマクールCPT 600ショット
+ フラクセルII(目の下+鼻+頬上 2回)
¥250,000
サーマクールNXT 400ショット
+ フラクセルII(目の下+鼻+頬上 2回)
¥210,000
サーマクールNXT 600ショット
+ フラクセルII(目の下+鼻+頬上 2回)
¥240,000

傷跡・リストカット修正

共立美容外科仙台院ではフラクセルIIとアンコアの2つのフラクショナルレーザーとケロイド体質の瘢痕の予防や改善に有効な薬剤『ケナコルト』を用いた傷跡・リストカット修正を行っております。共立美容外科仙台院では科学的根拠に根ざした効果、安全性の両面で信頼できるものを導入提供しております。最新の技術と長年の経験をもとに、各種修正を行っております。詳しくは下記ページをご参照ください。

傷跡修正

よくある質問

「フラクセルII」 とは何ですか?

古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていく」という発想から生まれた、革新的なレーザー治療器の最新モデルのことです。
「フラクセルII」 は「アンチエイジングの決定版」とも評される実力を持っており、古い皮膚に蓄積した、シミなどの色素沈着や、ニキビ跡、傷跡などの繊維成分の過剰蓄積、しわ、たるみ、などの繊維成分の減少、毛穴の開き、皮膚の凹凸などの審美的障害を、新しい皮膚と置き換えることで「生まれたての肌」を再現する、高性能医療レーザーです。

「フラクセルII」 は何に効果がありますか?

シミくすみ目の下のクマ色素沈着色素消失毛穴の開きシワたるみ瘢痕(はんこん)、傷跡アクネスカー(にきび跡の陥没)等々、ほとんど全ての皮膚の加齢現象及び老化を原因とする審美的障害の除去に効果を発揮します。
特に「フラクセルII」 は従来機に比べて、より高いエネルギーを使用出来る様になった為、シワや瘢痕、アクネスカーの治療においては、著明に治療成績を向上させています。

「フラクセルII」 で治療できる部位は何処ですか?治療に向かない部位はありますか?

「フラクセルII」 で治療できる部位は、お顔(額、鼻、目の下、頬上、頬下、口周り、あご下)を中心として、首、デコルテ(首から胸元周囲)、胸部、腹部、腕部、手の甲(手背部)、脚部など、ほぼ全身に施術可能です。治療に向かない部位としては、目の縁と目の直上(まぶた)が挙げられます。これはレーザーが目に入る危険を避ける為です。

「フラクセルII」 の効果はすぐに出ますか?1回で済みますか?

肌の入れ替えによる本来の効果が現れるまでの目安は施術の3~6ヶ月後です。 「フラクセルII」 は、1回の治療で12~20%の皮膚の入れ替えを実現させます。ベストな肌の入れ替えを促進するために、当院では4週間の間隔で3~5回程度の治療を行うことをお勧めしております。

「フラクセルII」 の施術を受けたいと思っていますが、誰でも受けられるものでしょうか?また、施術の前に注意すべき点はありますか?

お肌にお悩みをお持ちの方ならば、ほとんどの方に施術可能ですが、以下の条件に当てはまる方には施術を控えさせていただいております。

  • 妊娠されている、もしくは授乳中の方。
  • 麻酔で痙攣(けいれん)、発疹(ほっしん)、アナフィラキシーショックなどの症状が出た事のある方。
  • アレルギー体質の方。
  • ケロイド体質の方。
  • 唇ヘルペスなど既往症のある方

トレチノイン酸を使用した後や、ケミカルピーリングの施術後、他のレーザー治療を行った後は「フラクセルII」 の照射が出来ない事がありますので、医師にご確認下さい。
「フラクセルII」 の照射直後は、ちょうど強い日焼けをしたような感じで、お肌に赤みが出ますが、お帰りの際にメイクは出来ませんので、必要であれば帽子やサングラスなどをお持ちになると良いでしょう。(日焼けの予防にもなります。)

「フラクセルII」 の治療を受ける前に、鼻にプロテーゼを入れたり、ヒアルロン酸などを注入しているのですが、問題ありませんか?

プロテーゼが入っている部分には照射しないようにします。ヒアルロン酸などを注入されていても、注入してからある程度時間が経っていて、腫れや発赤が無い状態であれば、その部位にレーザーを照射しても問題ありません。

「フラクセルII」 の施術にかかる時間はどのくらいですか?

「フラクセルII」 の照射前に、施術中の痛みや熱感を低減させるため、テープ式の麻酔を施します。皮膚感覚が麻痺するまで約1時間程度お待ちいただきます。
照射に要する時間は、フルフェイス(お顔全体)で約20分はそれぞれ10分ほどです。

「フラクセルII」 の施術を受けた後に注意しなければならない事はありますか?

施術直後は長時間の入浴や、アルコールの摂取をご遠慮ください。発赤や腫れを悪化させないようにするためです。
照射後1週間以内では、レチノイン酸やトレチノイン・AHAなどが配合された化粧品や洗顔料などを使用しないで下さい。お肌が生まれ変わっている最中で、抵抗力がダウンしている状態だからです。当院で購入・処方のAHA配合リフレッシュソープやプラレチ・レチンAをお使いの方は、照射1週間後からのご使用が可能です。刺激が強いので様子を見ながらご使用下さい。
レーザー照射後、一時的に色素沈着や赤みが見られる場合がありますが、照射部を日光にあてない様にすることで徐々に消えていきます。色素沈着の予防や、早く消す為にビタミン(ビタミンCが中心のもの)を多く摂取することを心掛けてください。
お顔はいつも外気に触れている部分なので紫外線の影響を受けます。治療期間中と、照射から1ヶ月間は、日焼けをしないようにご注意下さい。外出の際は必ず、日焼け止めをご使用下さい。
照射後のポツポツとした赤みが出来た場合でも、通常は2~3日位で治まりますのでご安心下さい。水泡やかさぶたなどが発生した場合は、すみやかに担当医師までご相談ください。
治療期間中に、他のレーザーや光による治療やピーリングなどを希望される場合も、医師にご相談ください。
「フラクセルII」 による治療を継続される場合、次の照射は1ヶ月後となります。個人差もありますので、こちらも医師の指示に従ってください。

フラクセルのメカニズム

Micro Thermal Zones (マイクロサーマルゾーン:MTZ) 即ち、日本語に訳せば「顕微鏡的熱変性域」となりますが、これは「フラクセル」の開発元である米国リライアント社の提唱する新しい概念です。肉眼では見えないほどの、極狭い面積の皮膚に熱力学的ダメージを与えることで、その周囲に健康な組織を残すことができます。そのため、熱変性を受けた部分の皮膚の再生置換を周囲の健康な組織の助けを借りて、スムーズに進ませることができます。この治療を繰り返すことで、ダウンタイム無く、古い皮膚をまったく新しい皮膚と置換することができるのです。具体的には表皮から真皮にかけてレーザーを照射し、直径0.08mmという小さな凝固点を、1cm²に約1000~2000個作ることで、その凝固部分の皮膚の入れ替えを促します。照射直後の皮膚は、極小サイズの剣山(生け花で使う針が密集したもの)で皮膚に孔を開けたような状態をイメージしていただくと良いでしょう。古い皮膚には、当然、シミ、雀斑(そばかす)、くすみなどの色素沈着、ニキビ跡、傷跡などの繊維成分の過剰蓄積、しわ、たるみ、目の下のクマなどの繊維成分の減少、毛穴の開き、皮膚の凹凸などの審美的障害が蓄積しています。この古い皮膚そのものを新しい皮膚と置換することで、全てをリセットして、「生まれたての肌」を再現しようという発想です。

問題をかかえた皮膚の状態
↓
フラクセルレーザーの照射
↓
レーザー照射の1時間後
↓
レーザー照射の2~3日後
↓
レーザー照射の4~14日後
↓
レーザー照射の約3ヶ月後
↓
レーザー照射の2回目
↓
複数回のレーザー照射
↓
皮膚全体にレーザーを照射した皮膚

マイクロスコープによるMTZの表面像

MTZは、肉眼では確認できませんが、マイクロスコープ(顕微鏡)でしか見えないほどの微小なドットによって、古い皮膚が凝固され、治療後は強い日焼けをした感じになります。(下図は、1cm²あたり2000個のMTZを形成するようにレーザー照射されたフラクセル施術の1日後の皮膚の状態の模式図です。)

【治療1日後】マイクロスコープによるMTZの確認

フラクセル」のレーザーパルスを照射した皮膚は、一つ一つのレーザー照射点(スポット)の直径が0.08mmと非常に小さいので、表皮を構成する角化細胞(ケラチノサイト)が内側に回りこんで、凝固した表皮のかけら(MEND : Microscopic Epidermal Necrotic Debris)を押し上げるように新しい皮膚に入れ替わることができます。このように、「フラクセル」の最大の特徴は、変性させた組織の周囲に健康な組織を残すということです。そのため、ダウンタイムなく、徐々に新しい皮膚に置き換えることができるようになったのです。1回の治療で新しい皮膚に入れ替わるのは12~20%程ですので、全体の入れ替えには4~6回の治療が必要になります。

フラクセルIIのより進化したメカニズム

これまで6~40mJだったエネルギーが4~70mJと幅広くなり、お肌のシミ、くすみ除去などの比較的マイルドな治療から、よりアグレッシブな治療まで守備範囲を拡大しております。
特にエネルギーの深達度が治療成績の鍵となるニキビ跡、瘢痕、傷跡などの治療において著明な効果を発揮できるようになりました。
※最大エネルギー70mJにおいてもフラクセルはFDAの認可を取得しており、安心して施術を受けていただけます。

フラクセルレーザーのエネルギー量と深達度の相関を示した図

フラクセルレーザーのエネルギー量と深達度の相関図

フラクセルII は表面から深さ約1.4mmまでカバーします。

エネルギーレベルと深達度及び適応

△エネルギーレベルと深達度及び適応をまとめたものが上図になります。

ヒートショックゾーンとは?

フラクセルによる施術では、レーザー照射領域は熱によりタンパク変性を起こし組織が凝固します。そして、その凝固層周辺の熱ダメージを受ける領域のことを、『ヒートショックゾーン』と呼びます。
ヒートショックゾーンは、真皮層のコラーゲン産生を促進する反面、治療時の痛みや腫れ、さらにPIH(炎症後の色素沈着)等の副作用の発症にも関係していると考えられています。

ヒートショックゾーンとは?

従来機では、高いエネルギー(25mJ以上)で照射すると、近隣のヒートショックゾーンがつながってしまい、強い痛みと副作用(術後の赤みの発生や腫れ、色素沈着など)を伴うため、実際の治療に用いることが困難でした。
しかし、「フラクセルII」では、どのスポットサイズ(エネルギー)でもヒートショックゾーンが形成される領域の比率が一定になるようにコントロールしていますので、治療時の痛みや腫れ、副作用のリスクを低く抑えられるのです。
MTZの間隔、照射密度も、変えることが可能です。従来機では患部一回照射につき1平方センチあたり 125個 もしくは250個の2つのモードからの選択だったのですが、「フラクセルII」では「トリートメントレベル」というパラメータが採用され、1cm²あたりの治療カバー領域を決定すると、自動的にエネルギーや密度が設定されます。患者様それぞれに異なるお肌の状態や、痛みを感じられるレベルに合わせて最適なエネルギーを決定し、オーダーメード感覚で施術にあたります。

「フラクセルII」と「アファームマルチプレックス」の違い

特許で保護されたその卓越した性能は他社の追従をゆるしません。

「フラクセル」は「古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていく」という発想から生まれた革新的なレーザー治療器です。このフラクセルが登場して以来、数々のフラクショナルレーザーが開発されてきました。しかしながら、フラクセルのもっともすぐれている部分は、特許で防御され、他のメーカーの追従を許しません。特に、適応範囲の違いと到達深度には大きな違いがあります。フラクセルと他社メーカーとの違いをアファームマルチプレックスを例にとって比較してみましょう。

適応範囲の違い

フラクセルIIは『肌を入れ替え』をキーコンセプトとしながらも微細な調節が可能なため、シミ、くすみ、目の下のクマ、色素沈着、色素消失、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、たるみ、瘢痕、傷跡、アクネスカー(にきび跡の陥没)等々、殆ど全ての皮膚の加齢現象及び老化に有効なことから「アンチエイジングの決定版」とも謳われ、世界的な高評価を賜っております。
一方で、アファームマルチプレックスは「肌の入れ替え」と「たるみの引き締め」に特化したコンセプトで開発されているため、皮膚のほんの表面にしか効果がありません。したがって、しみ、くすみには効果がありますが、毛穴の開き、アクネスカーましてや、瘢痕、シワには、効果が期待できません。

適応範囲の違い

レーザー到達深度の違い

フラクセルIIは最大1400μmに達するに対し、アファーマルチプレックスは、その3分の1以下の400μmにすぎない

上記でも説明したように「フラクセル」と「アファームマルチプレックス」ではそれぞれの皮膚へのレーザー到達深度に大きな違いが有ります。「フラクセルII」が1,400μmに対し、「アファームマルチプレックス」は400μmです。そのため、「アファームマルチプレックス」は皮膚の浅い層(くすみ・色ムラ・薄いしみ)にしか効果がありません。特に肝斑や深いしわ、ニキビ痕等には「フラクセルII」でしか治療を行えません。

レーザー到達深度の違い

フラクセルII 症例

症例1:毛穴の開き

フラクセルII」は、単にシミ、くすみなどの色素沈着を除去するだけではありません。古い皮膚そのものを入れ替えますので、肌のキメが整い、若々しい肌に生まれ変わります。毛穴の開きも非常に綺麗に消失しております。

治療前

治療前

4回治療後6週間

4回治療後6週間

治療前

治療前

4回治療後

4回治療後

治療前 4回治療後6週間

[↑クリックで画像を拡大します。]

色素斑が 消えるだけでなく、皮膚のキメが整い、若々しい肌に入れ替わる

症例2:劇的な若返りが得られた例

頬、目元、くびの若返り。小皺は勿論、シワ、たるみがとれ、5~10年くらい若々しい肌に生まれ変わっております。このような劇的は若返りは、従来のレーザー治療では不可能でした。アンチエイジングの切り札と名指しされる所以です。

(左)未治療側 (右)治療側(5回治療後1週間)

(左)未治療側
(右)治療側(5回治療後1週間)

[↑クリックで囲み部分を拡大します。]

症例3:60代の人が10歳くらい若返った例

60台の肌。しみ、くすみが強く、小皺やタルミも非常に目立つ。特に目の下のシワ、毛穴の開きが目立ち、肌の凹凸が著明。まさしく、加齢による変化が進んだ典型的な例。 肌のくすみがとれ、透明感が非常に増加している。シワやタルミも明らかに取れている。特に、額のシワや目元の改善が著明です。

症例4:傷跡も消せるレーザー

これまで難しかった傷跡の修正が手術無しで、可能となりました。これは、少しづつ過剰な瘢痕組織を新しい正常な組織に置き換えることができるからです。やけどの跡リストカットニキビ跡豊胸の傷跡わきが多汗症の手術跡など、多くの悩みが解決されると思います。

症例1

治療前
治療前
4回治療後
4回治療後

症例2

外科手術による傷跡の改善例

△外科手術による傷跡の改善例(クリックで拡大します)

肉割れの改善例

△肉割れの改善例(クリックで拡大します)

傷跡・リストカット修正

共立美容外科仙台院ではフラクセルIIとアンコアの2つのフラクショナルレーザーとケロイド体質の瘢痕の予防や改善に有効な薬剤『ケナコルト』を用いた傷跡・リストカット修正を行っております。共立美容外科仙台院では科学的根拠に根ざした効果、安全性の両面で信頼できるものを導入提供しております。最新の技術と長年の経験をもとに、各種修正を行っております。詳しくは下記ページをご参照ください。

傷跡修正

症例5:目の周りの色素斑・シワの改善例

治療前 治療後

[↑クリックで画像を拡大します。]

御覧のように色素班が消え、みずみずしく若々しい肌になっています。

症例6:ニキビ跡の改善例

ニキビ跡の改善例

△ニキビ跡の改善例(クリックで拡大します)

ニキビ跡の改善例

△ニキビ跡の改善例(クリックで拡大します)

フラクセルII」は、古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えていきます。その為、ニキビ跡、毛穴の開きなど、皮膚の凹凸の改善に劇的な効果が期待できます。肌の透明度も増加し、明るい若々しいベビースキンへと生まれ変わっていきます。特に「フラクセルII」の最大出力は、従来機の40mj(ミリジュール)から飛躍的にアップし、70mjまで使用可能なため、シワ、瘢痕、アクネスカー(にきび跡の陥没)の治療においては、大幅に治療成績を向上させております。

症例7:肝斑の治療例

これまで非常に難しかった肝斑の治療も「フラクセルII」で行えるようになりました。

症例8:シワ・たるみの治療例

フラクセルII」によって切らずにシワ、たるみが治せるようになりました。たった4回の治療でフェイスリフト以上の効果です。

症例9:首筋から胸元の若返り例

首筋から胸元は年齢による変化の出やすい部位です。これまで効果的な治療法はなかったのですが、「フラクセルII」によってわずか4回の照射で、ここまで若返らせることができるようになりました。

症例10:頑固なシミの症例

長年ある手のシミは、なかなか普通のレーザーでは、取れにくいものでした。「フラクセルII」は、単にシミ、くすみを取るだけではなく、肌のキメの整った、若々しい肌に変えて行きます。

もっと詳しくお知りになりたい方は、フラクセルのメーカーのページを御参照ください。特に、中央下のPHOTO GALLERYで、さらに多くの症例写真を見ることができます。英語のページですが、写真ですのでどなたでも気楽に御覧いただけると思います。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み