美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • 今月のおすすめ治療
  • アクセス

イボ・汗管腫の治療

イボの除去

お顔や首まわりにできる気になるイボ。メイクでも隠しきれない場合もある邪魔なイボ。共立美容外科仙台院では、小さなイボならレーザーで切らずにイボを簡単に除去できます。

イボの種類

イボの原因にはウィルス性のもの、体質や老化によるものがあります。

尋常性疣贅

ヒトパピローマウイルスというウィルスの感染によって生じるイボです。わずかな皮膚の傷口から感染し、尋常性疣贅は、指先、手のひら、膝の裏、足の裏などに多くみられますが、体中どこでも生じる可能性があります。イボは表面が角質化して灰色になります。

青年性扁平疣贅

こちらもヒトパピローマウイルスによる感染でおこるイボでお顔や手の甲などに発生します。皮膚表面からの盛り上がりが少なく、滑らかな表面をしており、褐色で小さなシミに似た突起がでてきます。

首のイボ(スキンタッグ)

スキンタッグと呼ばれる首やデコルテにできるイボです。年齢と共に増加しますが、早い人で20代から発生します。小さく、色は褐色調で、皮膚面から少し飛び出ている場合もあります。年齢とともに徐々に増大するため、年をとると目立ってきます。首以外にも顔やデコルテや腹部など皮膚の薄い部分によく見られます。

脂漏性角化症

色は茶から黒で、ザラザラとした手触りが特徴です。お顔、頭、胸、背部に多く見られます。色は褐色系統で、黒灰色、淡褐色、黒色、茶色っぽく見えるものもあります。大きさは小さいものから数センチ程度大きなものまであります。時間が経つにつれ、徐々に数が増え大きくなりますので早めの治療が望ましいです。

共立美容外科のイボ治療

2mm以下のイボ

これまでレーザー+電気メスで切除していたイボですが、時間と手間がかかりました。しかし、共立美容外科仙台院では2mm以下のイボであれば、最新のフラクショナルCO2レーザー『アンコア』による治療で迅速に、安全に、確実に1個づつ切除できます。
※2mm以下のイボが対象になります。2mmを超える場合はブレンド法で行います。

アンコアによるイボ除去症例

治療の経過:2回照射。最初は、出血があり。かさぶたは1週間くらいで取れる。かゆみはなし。

  • 施術名:アンコアによるイボ除去
  • 施術の説明:ウルトラパルス炭酸ガスレーザーアンコア照射によるイボ除去
  • 施術の副作用(リスク):内出血、発赤、熱感、痒み、痛み、だるさ、乾燥、発熱、傷痕のもり上がり・凹み ・色素沈着などを生じることがあります。
  • 施術の価格:5個 30,000円~ 40個 20,000円
施術 料金
イボ除去(5個) ¥30,000
イボ除去(10個) ¥50,000
イボ除去(20個) ¥80,000
イボ除去(40個) ¥120,000

2mmを超えるイボ

大きめのイボはレーザー+電気メスのブレンド法を用いて除去します。電気メスは、エルマン社製のエンパイアという極細いメスを使用します(ブレンド法写真1)。先端部が一般に使われているもの3分の1程度の鋭利性を誇ります。

一般使用の針電極とエンパイアニードル

ブレンド法について知りたい方は以下のページを御覧ください。ホクロ除去の例ですが術式は同じです。

部位 料金 備考
ブレンド法(レーザー+電気メス) 15,000円  
ブレンド法(レーザー+電気メス)10個除去 80,000円
5mm未満のイボに対応。
ブレンド法(レーザー+電気メス)20個除去 120,000円
5mm未満のイボに対応。
直径3mm以上のイボの除去 30,000円  
直径5mm以上のイボの除去 45,000円  
直径8mm以上のイボの除去 60,000円  
目の粘膜にかかるイボ 50,000円  

汗管腫の治療

汗管腫は汗を出す器官であるエクリン汗腺の分泌管から発生する良性腫瘍の一つです。症状としては2~3mm程度の黄色もしくは肌色の小さなイボのようなもので、30代以上の女性に多く見られます。目の下に発症することが多く、額や頬にも出来る場合があります。健康上の問題はまったくありませんが、美容的な問題で治療を望まれることが多い症状です。

汗管腫の一般的な治療方法

汗管腫の一般的な治療方法はCO2レーザーなどで汗管腫を焼いて取り除くというものです。しかし、この治療法では治療の傷跡が残りやすく綺麗な治療は難しいと言われてきました。また、汗管腫は皮膚の奥深くにあるため、レーザー治療では取りきれず再発する可能性もあります。また、レーザーを皮膚の表面に照射するため、かさぶたが出来るなどダウンタイムや色素沈着などの副作用もあります。

レーザー治療のメリット

  • 手軽に治療ができる。

レーザー治療のデメリット

  • 綺麗な治療が難しい。
  • 再発の可能性がある。
  • ダウンタイムが長く、色素沈着などの副作用がある。

汗管腫のINNO PLUSによる治療

INNO PLUSによる治療では先端から高周波のでる細い針を汗管腫に刺し、皮下で高周波を発振することで治療を行います。レーザー治療と異なり皮膚表面を焼かずに皮膚の奥深くにある汗管腫の原因に高周波を当てることで治療します。このように、INNO PLUS+は皮膚の内側で作用させますので、レーザー治療に比べて再発の可能性は非常に少なく、かさぶたなどの治療痕によるダウンタイムも短くなります。

INNO PLUS治療のメリット

  • 手軽に治療ができる。
  • レーザー治療に比べて綺麗な治療が可能。
  • レーザー治療に比べ再発の可能性が低い。
  • レーザー治療に比べてダウンタイムが短い。

INNO PLUS治療のデメリット

  • 治療できる医院が少ない。(東北では当院のみ)
  • レーザー治療ほどではないが、多少の腫れや色素沈着が出る可能性はある。

汗管腫治療 料金表

部位 料金
汗管腫 10個 ¥40,000
汗管腫 20個 ¥80,000

毛孔性苔癬

毛孔性苔癬については以下のリンク先を御覧ください。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み