美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

眼瞼下垂治療

眼瞼下垂

眼瞼下垂は瞼を開く筋肉「眼瞼挙筋」の筋力が弱まる、もしくは元々弱いために瞼が正常位置まで上がらず、しっかりと目が開かない状態をいいます。目を無理に開こうとするため、目の周囲の筋肉を酷使し、肩こりや偏頭痛、眼精疲労のような症状を起こる場合があります。また、審美的にも眉間や目周りにシワができやすくなる、目つきが悪い印象をあたえるなどの悩みを持つ方も多いようです。通常は切開が必要な眼瞼下垂の治療ですが、共立美容外科仙台院では『切らずに治す眼瞼下垂治療』を行っています。

このような方へおすすめ

  • 眼瞼下垂と診断された
  • 眠い目をしていると言われる
  • 瞼が落ちて無理に目を見開いている
  • 短いダウンタイムがいい
  • 皮膚を切りたくない

眼瞼下垂の種類

先天性眼瞼下垂

先天的に瞼を持ち上げる筋肉『眼瞼挙筋』が弱いか、挙筋を動かす神経の障害などで機能を失っている状態です。生まれつきの眼瞼下垂です。日常生活や視覚に障害を与えることはほとんどありませんが、まれに弱視や斜視などの原因になる場合があります。

後天性眼瞼下垂

生来は普通に開いていた瞼が少しずつ時間の経過と共に瞼が下がってくる状態です。主に加齢による原因が多いですが、ハードコンタクトレンズの長期間着用でも現れる症状です。

正常

正常

軽度

軽度

瞼が瞳孔の上に少し被さる

中度

中度

瞼が瞳孔の上半分ほど被さる

重度

重度

瞼が瞳孔の半分以上被さる

眼瞼下垂の治療法

一般的に眼瞼下垂の治療法は上瞼の皮膚を切開し縫い付ける方法、皮膚を切開し挙筋腱膜と瞼板とを再固定する方法、挙筋を直接切除・再固定する方法などがあります。
共立美容外科仙台院では埋没法を基にした『切らない眼瞼下垂治療』を行っております。

眼瞼挙筋短縮術

松尾式と呼ばれる術式です。眼瞼挙筋と瞼板の間を保っている眼瞼挙筋腱膜の緩みなどに対応する手法でう、瞼の表にメスを入れ、外れたり伸びてしまった眼瞼挙筋腱膜と瞼板を再固定する方法です。眼瞼下垂の治療法として代表的な手法です。

挙筋吊り上げ法(腱膜移植)

筋膜を移植することで眼瞼挙筋が瞼を釣り上げる機能を保管します。患者自身の大腿筋膜などを採取し、瞼板と眉毛の上の前頭筋につなぎ、眉毛を上げるときに目が開くようにします。

切らない眼瞼下垂治療(埋没法)

瞼の裏側を少し切開し、瞼板と眼瞼挙筋を糸で結び機能を回復させます。大きな切開が必要なく簡易的にできる手法ですが、瞼の裏側からのアクセスは高い技術が必要です。

共立美容外科仙台の切らない眼瞼下垂治療の特徴

❶ 施術中の痛みもほとんどありません。

当院では埋没法の際に2種類の麻酔を行います。1つ目は点眼麻酔です。点眼麻酔をすることで本番の麻酔である局所麻酔を注射するときの痛みをやわらげます。その後局所麻酔を行うことで施術中の痛みをほとんど感じません。局所麻酔の針も痛みの少ない極細の針を使用します。

❷ 正面で見た時に自然で美しいラインにデザインします。

当院の『切らない眼瞼下垂治療』は治療後には二重になります。二重は、視線によって全く幅が変化します。上目遣いでみると、幅は狭くなり、下を見ると、幅は広くなります。これは同じ割合でいくのではなく、皮膚の厚い方は、上目遣いでは広く見え、薄い皮膚は、下を見るときに、幅が広くなります。また、額に力をいれて、目を大きくするだけでラインの幅は変化します。あくまで、デザインは、遠くを自然に見た形で出します。

❸ 共立仙台独自の結び方で糸が取れにくい

柔らかい挙筋に糸を通す挙筋法では瞼板に糸を通す場合に比べて多少ゆるくても十分に止まり、外れません。しかし、当院では結び方を工夫することでより外れない埋没法になっています。

切らない眼瞼下垂治療

共立美容外科仙台院で行っている埋没法による『切らない眼瞼下垂治療』は皮膚の表面を傷つけずに行います。瞼の裏側から糸を通し、挙筋と瞼板を糸で固定する治療法です。
瞼の表、皮膚を切開しないため術後の腫れはほとんどなく、傷痕は当然に見えません。腱膜移植などと異なり、糸で結んで抑えるので瞼の開きの調整も容易なため左右差も出にくい手法です。

1.裏瞼に糸をとおし、通した糸を使い瞼をひっくり返し、切込みを入れる。

2.皮膚、瞼板と挙筋に糸を通し、結びつける

3.完成です。

ダウンタイム・副作用

コンタクトレンズも使用できませんので眼鏡をご持参ください。

術後〜3日 麻酔による多少の腫れがありますが他人から分からない程度です。
7日〜10日 目をつぶると瞼の上の糸でとめた所が1つ2つの小さな穴のようにくぼんで見える場合がありますが7~10日間で目立たなくなります。
1ヶ月後 ラインが馴染み、完成となります。ラインが馴染むまでに多少の痛みや突っ張った感じを受けられる方もいらっしゃいます。

注意事項

  • 手術3日前よりアイプチ・アイテープ等は禁止です。
    ※瞼に炎症等、結膜炎の場合は手術が出来ませんのでご注意ください。
  • 現在、お薬内服中・妊娠中の方や以前に麻酔や注射・内服等での具合の悪くなった方は手術前に医師にお伝えください。
  • 手術前日は禁酒です。
    ※ 手術は体調の良い時に受けられるよう当日は体調を整えてご来院下さい。
  • 手術後当日はお車、バイク、自転車の運転は禁止です。
  • 当日はメイク、マニキュア(両手足)、コンタクトは手術前にはずして頂きます。
  • 洗面台での洗髪、首より下のシャワーは当日から可能です。
  • メイク、洗顔、お車の運転、飲酒、激しい運動は翌日から可能です。
  • アイメイクは4日後から可能です。
  • 湯船は1週間後から可能です。
  • コンタクトレンズは、ソフトレンズ4日後、ハードレンズ1週間後から使用可能です。
    ※レンズを装着し、痛みや圧迫感がある時はその症状が消失してから使用して下さい。
  • 術後は二重の幅が必ず広く見えます。

※他の手術に比べると、腫れは少ないのですが、それでも多少瞼に腫れが出てきます。瞼が腫れるというと、瞼が厚ぼったく見えるイメージがありますが、手術の後は、二重の幅が広く見えます。デザインは、患者の希望に沿って、正確にデザインし、正確に糸を入れて固定しますが、必ず幅は広くなります。ここはぜひ覚えておいてください。この腫れは、急速に吸収されていきます。だいたい3日ほどで、半分程吸収され、1週間たつと、70%から80%程吸収されますが、これで完成ではありません。完全に、デザイン通りになるのは、1カ月ほどかかります。その間、ほんのわずかではありますが、二重の幅は広く見えます。

料金料金一覧はこちら

キャンペーン実施中

施術 価格 キャンペーン価格
切らない眼瞼下垂治療(両目) 160,000円 120,000円

その他二重術のご紹介

  • フォーエバー二重

    より長く取れにくい二重

    当院開発のフォーエバー二重は部分切開と共立式挙筋法を組み合わせた非常に取れにくい二重術です。

  • 目頭切開・目頭形成

    幅広く美しい平行型二重に

    厚い瞼をもっとすっきりさせたいときや取れにくい二重にしたいときは、部分切開単独でするか瞼の脱脂術と併用するといいでしょう。

  • 部分切開+脱脂術・全切開

    瞼が厚くタルミも強い

    瞼が厚く、タルミが強い方には部分切開もしくは全切開に脱脂を組み合わせた施術をお勧めします。切開と脱脂は同時に行います。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み