美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

鼻の悩みプロテーゼによる隆鼻術

プロテーゼによる隆鼻術

触り心地が自然で身体の拒絶反応が少ないシリコン製のプロテーゼを使用します。プロテーゼにはI型とL型がありますが、共立美容外科仙台院ではI型プロテーゼのみを行っております。
I型プロテーゼの場合、鼻先の形成には鼻尖形成を別途行う必要があります。鼻尖形成は自家軟骨移植による鼻尖形成をお勧めしております。

このような方へおすすめ

  • 鼻を高くしたい
  • シャープな鼻筋にしたい
  • 鼻筋の歪みを直したい
  • 半永久的な効果がよい

症例

Before After

35歳、女性。目と目の間がかなり低く、また、鼻先が低く丸いことを悩んでいるとのことでした。いわゆる典型的な「団子鼻」です。鼻の手術は、自然さが重要です。決して、不自然な高さ、不自然な長さを求めてはいきません。鼻筋を出すのには、I型プロテーゼを用いました。鼻先の高さとシャープさを出すために、大鼻翼軟骨の自家移植を行いました。極めて自然な高さとシャープさを出すのに成功しました。

共立美容外科仙台院ではI型プロテーゼのみを使用します。

プロテーゼ L型とI型

シリコン製のプロテーゼの挿入は古くから広く使われてきた実績があり、非常に安全で効果的な施術です。鼻筋の形成には自家組織移植を行っている医院もありますが、修正したい場合や取り除きたい場合には大手術となります。L型とI型の2種類ありますが、L型はトラブルが非常に多く、お勧めできません。共立美容外科仙台院ではI型プロテーゼのみを使用しております。

I型とL型のそれぞれのメリット・デメリット

I型:鼻根部から鼻尖の手前までの真っ直ぐなプロテーゼです。鼻尖まで来ておりませんので、鼻尖のトラブルが少なく、曲がりにくいという長所があります。また、鼻根部でのプロテーゼの位置の調整が自由にできますので、鼻筋はL型よりきれいに仕上がります。だだし、I型のみで鼻尖を高くしたり、形を綺麗にする事は出来ません。また、このプロテーゼは、位置の調整が自由にできる利点はあるものの、この利点を生かせるにはある程度の熟練が必要です。

■I型プロテーゼの長所

  1. 曲がりにくい
  2. 鼻先のトラブル少ない
  3. ばれにくい
  4. 縫合不全がおきにくい
  5. 目と目の間が綺麗

■I型プロテーゼの短所

  1. 鼻尖を高くすることが出来ない
  2. プロテーゼの位置の決定には熟練を有する

L型:一個のプロテーゼで、鼻筋も高く出来るし、鼻尖も高く出来るように設計されたものです。手術が簡単なので、非常に多くの初心者の美容外科医が多用しております。しかしながら、このプロテーゼは、非常にトラブルが多いことでも有名です。

L型プロテーゼのトラブル例

L型プロテーゼのトラブル例。
鼻尖に長期間にかかって圧迫が続いたため、皮膚の色調が変化している

■L型プロテーゼの短所

  1. 曲がり易い:「L」型のプロテーゼの第一の欠点は、曲がり易いことです。鼻尖は、例えば、うつぶせに寝ると当然曲がります。L型プロテーゼは、鼻尖まで来ているので鼻尖が曲がるとそれにつられて曲がります。指先で直すことが出来ることが多いのですが、プロテーゼがぐらぐらして不安定になり易いのです。うっかり鼻が曲がったまま人に会うと非常に不自然な印象を与えます。
  2. 鼻尖(鼻先)のトラブルが多い:また、鼻尖のトラブルが多いのが知られております。鼻尖の皮膚は、プロテーゼによって、24時間押し上げられております。皮膚は非常に丈夫にできておりますが、月日がたつに従って、次第に薄くなっていきます。そして、血流が阻害され、皮膚の色調が変化していきます。その結果、鼻尖の変形、赤み、白色化などが起こります。こうなると取り出すより他に手はありません。どうしてこのような事態に陥るかというと、プロテーゼが異物だということです。自分自身の組織、たとえば、自家移植された軟骨であればこのようなことは決しておこらないのです。
  3. 整形がばれ易い:また、触ると直ぐ「ばれる」ので嫌がる人は多いものです。鼻尖を誰かに触られただけでL型プロテーゼは硬く触れ、誰でもわかります。だから、L型を入れた人は非常に神経質になりがちです。
  4. 縫合不全が起き易い:上記のトラブルは、術後数ヶ月を経ってからのものですが、抜糸をおこなうまでの間でもトラブルは多いものです。その一番のトラブルは、縫合不全です。L型プロテーゼの鼻中隔に入る部分が縫合部から露出することが多くあります。これは、鼻尖を圧迫したまま寝てしまい、L型の足の部分が強く縫合部に押し当てられることから起こります。
  5. 目と目の間の綺麗さが出しにくい:このプロテーゼは、L型になっているので、プロテーゼの位置の調整ができません。無理におこなうと、L字の頂点が上方へ移動してしまいます。

■L型プロテーゼの長所

  1. 一つのプロテーゼで、鼻筋と鼻尖の形成が可能
  2. 手技が簡単

施術の流れ

  1. 消毒、局所麻酔をおこなう。
  2. 外鼻孔の上方の皮膚を2cm程度切開する。
  3. 鼻先から眉間にかけて皮膚を剥離する。
  4. 骨膜を剥離する。(骨膜を十分に剥離しないと、プロテーゼがぐらつきます。もし、他院の隆鼻の後、プロテーゼがぐらついているなら、骨膜の剥離が不十分だったことが考えられます。)
  5. プロテーゼを挿入する。
  6. プロテーゼを固定する。(これは確りと何十にもテープで固定する必要があります。隆鼻の手術後、ぐらつく場合は、固定が確りとなされていなかった場合があります。)
  7. 切開部を縫合する。

注意事項

《 手術前の諸注意・持参物 》

  • どこか体に変調をきたしている場合は、手術前に必ずお申し出ください。
  • 手術前日は禁酒です。
  • 鼻に炎症・おでき、鼻づまりのひどい時の手術は出来ません。
  • 手術は体調の良い時に受けられるように当日は体調を整えてご来院ください。
  • 手術を受ける4時間前は絶飲食(お水も禁止)です。
  • お化粧・マネキュア(両手足)・コンタクトは手術前にはずして頂きます。
  • 当日より4日間はご自身でのお車・バイク・自転車の運転は禁止です。
  • 鼻にギブスをしてお帰り頂くので、お帽子やマスクをご持参ください。
  • 手術の申込みに必要ですので印鑑をご持参ください。(シャチハタ不可)

《 手術後の注意 》

  • 処置してありますテープ・ギブスは許可なく、取り外さないでください。
  • 首より下のシャワー、洗面台での洗髪は翌日より可能です。
    ※患部は絶対に濡らさないでください。
  • メイク、洗顔は翌日から可能です。その間は蒸しタオルなどで拭いてください。
  • 圧迫除去後より抜糸までの間は、洗顔後に処方の軟膏を綿棒で塗って下さい。
    ※ 直接、手で触れる、鼻を強くかむことは避けてください。
  • 飲酒・お車の運転は4日後より可能です。
  • 検診は1ヵ月後です。

ダウンタイム・副作用

  • 手術直後から鼻だけでなく目の周囲まで腫れます。その腫れは3~4日で半分位になります。
  • 術後4日間は患部を圧迫する処置が必要です。4日後は圧迫除去、1週間後は抜糸にご来院頂きます。
  • 眼鏡のご使用は2週間禁止です。術後2週間経過しますと、治療部位も完全に落ち着きますのでその後ご使用可能です。
  • 激しい運動・湯船は2週間から可能です。
  • 1ヶ月間は、日中通して可能な限り鼻ギブスを装着してください。(注意:就寝時は必ず装着して頂きます。)
術後~4日 患部を圧迫する処置を行います。
4日後 圧迫除去にご来院いただきます。
1ヶ月後 1ヶ月間は鼻ギブスを装着していただきます。また、1ヶ月後に検診にご来院いただきます。

料金料金一覧はこちら

部位・内容 通常料金
隆鼻(プロテーゼ) ¥180,000
当院プロテーゼ入替 ¥180,000
他院プロテーゼ入替 ¥280,000
当院プロテーゼ除去 ¥90,000
他院プロテーゼ除去 ¥250,000

ヒアルロン酸・レディエッセ注入による隆鼻術は下記リンクをご参照ください。

ヒアルロン酸・レディエッセ注入隆鼻術

同時に行うことが多い施術

糸で行う鼻形成:シャープノーズ

シャープノーズは鼻プロテーゼやヒアルロン酸・レディエッセ注入とは異なり、特殊な糸(スキャフォルダー)を鼻に挿入することで鼻の形成を行う最新施術です。
鼻筋を通す、鼻を下にさげる、小鼻を縮小するなど様々な鼻形成が可能です。

小鼻の悩み

小鼻縮小
鼻の横の広がりや鼻の穴が大きいのをもっとスッキリしたい方に。手術になりますが、鼻の内側にメスをいれるので傷跡は目立ちません

小鼻縮小

鼻の毛穴の開きにフラクセルII

『古い皮膚を入れ替えて新しい皮膚にする』をコンセプトに開発されたレーザー治療器です。あらゆる皮膚のお悩みを解決します。

フラクセルII

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み