美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

美容皮膚科・刺青除去アザ除去

最新レーザーできになるアザを除去

アザは医学的には母斑といいます。大きく分けて青あざ、黒あざ、茶アザ、赤あざとあります。それぞれ太田母斑、色素性母斑、扁平母斑、血管腫などが代表的です。アザの治療は共立美容外科仙台院所有の最新レーザー治療をお勧めしています。治療回数はアザの種類や症状によってことなります。

太田母斑

日本人を主とした東洋人の顔に現れるアザが『太田母斑』です。太田母斑は特に女性に多く、頬を中心とした顔の片面、時には両面に青からやや褐色がかったアザとして現れます。出生直後から目立つ場合と、思春期ころに目立ってくる場合とがあります。30歳代以降に現れてくるものを「遅発性太田母斑」と最近では呼んでいます。
太田母斑の原因は皮膚の深い部分(真皮)にメラニン色素が沈着しているのが原因です。

Before After

蒙古斑(もうこはん)

これも東洋人に特に多いアザの一つです。生まれつきのお尻に出る青いアザの事を指します。通常3~5歳までに消失しますが、成人後も消えずに残っていることがあり、水着など着用した時に露出してしまう部位にあると、気になるかもしれません。
蒙古斑の原因は皮膚の比較的深い部分におけるメラニン色素の沈着です。

蒙古斑

扁平母斑(へんぺいぼはん)

一見、普通のシミのようにみえるアザです。 ホクロのように皮膚から盛り上がることはありません。そのために、盛り上がりの無いアザと言う意味で「扁平母斑」と呼ばれています。また、コーヒーの様な黒さでなく、ミルクコーヒーに似た色のアザで「カフェオレ斑」とも呼ばれます。茶色のアザの中に直径1mm程度の小さな黒い点が混在することもあります。扁平母斑は悪性化することはほとんどありません。
多くの場合、生まれつきに存在しますが、思春期になって発生する場合もあります(これを「遅発性扁平母斑」といいます)。思春期になって発生する場合には毛が同時に生えてくる場合が多くあります。発毛性の遅発性扁平母斑は「ベッカー母斑」と呼ばれています。状態としては皮膚の表面にメラニンがある状態です。

Before After

カフェオレ斑

カフェオレ斑は生まれた当初もしくは生後まもなくに生じることがあるカフェオレのような色のアザです。ありふれたアザの一つですが、径1.5cm以上の色素斑が6個以上あればレックリングハウゼン病(神経線維腫症1)という病気の可能性があります。カフェオレ斑自体はレーザー治療で取り除くことが可能です。

Before After

赤アザ

赤あざは黒アザや青アザとは異なります。赤あざの原因は血液中に存在する赤血球です。医学用語では「血管腫(けっかんしゅ)」と呼ばれています。代表的な赤アザは、生まれつき存在する平らな「単純性血管腫」と、生後まもなく生じ、1歳頃までに急激に大きくなり、その後徐々に小さくなる「イチゴ状血管腫」です。赤あざの治療にはXeoをお勧めしています。

Before After

ホクロ(黒子)・色素性母斑(黒アザ)

ホクロは皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が周囲より高い密度で集まった部位をさします。大きいものは「黒アザ」と呼ばれたりします。中にはメラノサイトが重層化して、皮膚の奥深くまで達するものもあります。表皮に留まっているものは、シミとの区別が難しく、顕微鏡での検査が必要になります。ホクロ除去は専用のページがございますのでそちらをご参照ください。

Before After

共立美容外科のアザ治療の特徴

❶ Q-スイッチYAGレーザーの使用

当院でアザ治療に使用するレーザーはQ-スイッチYAGレーザーです。レーザーはその波長によって特定の色に反応します。当院が所有するQ-スイッチYAGレーザーは1064nmと532nmという2つの波長を使用することができあます。それぞれメラニンに反応する波長です。また、波長の長さは長ければ長いほど深い箇所に到達します。そのため、1064nmという極めて長い波長は太田母斑、蒙古班などに用い、532nmの波長は表在性のシミや扁平母斑の治療に使用します。

Q-スイッチ

Q-スイッチとは非常に短い時間だけレーザーを照射することのできる装置です。照射時間が短ければ短いほど、皮膚の表面を痛めることなく高いエネルギーを目的のメラニンなどに与え、破壊することができます。当院の有するQ-YAGは、6ナノ秒(1億分の1秒以下)という同世代のレーザーの間では最高の性能を
有しております。

❷ 短い治療時間

当院のQ-スイッチYAGレーザーは1秒間に10発照射出来ますので、広範囲であっても短い時間で照射可能です。

当院が誇るQ-YAGレーザーMyQ.dual(マイキューデュアル)とMedLite(メドライト)について、詳しくは下記のリンクを御覧ください。

施術の流れ

カウンセリング

患者様お一人ごとに異なる症状やお悩みをお伺いし、的確に効果が現れるかを診察します。レーザー照射についてご納得頂いた上で施術となります。

治療前の処置

お顔に施術される場合、お化粧を落としていただきます。
※御来院時のメイクにUVブロック入りのファウンデーションを用いる事は避けてください。
必要に応じて、施術部位にテープ式の麻酔を施します。
濃いシミや発生してから時間が経ったシミなどを除去する場合は照射エネルギーを高くする必要が有り、そのような時にレーザーが当たった所は丁度輪ゴムで弾かれたような痛みを感じることがありますが、1064nmの波長を用いた通常の施術では、ほとんど痛みを感じる事はありません。

テスト照射

症状やお肌の状態に合わせレーザーの波長、強さなどを選びます。

本照射

ドクターが患部にレーザーを当てて行きます。
532nmの短い波長を使用した場合、表皮にカサブタを生じることがあります。
所要時間は、部位や照射範囲によって異なります。ご参考までに一例ですが、お顔のシミ(3cm×3cmサイズ)の除去の場合、およそ5~10分程度です。

照射終了

炎症止めの軟膏を塗布し、テープを貼って終了です。

施術後の処置

症状や照射部位により、術後の処置は異なりますので、医師及び看護師からの指示に従って下さい。

ダウンタイム・注意事項

《 施術当日 》

  • ご来院の際は、日焼け止めのご使用は禁止です。お帽子や日傘などでカバーしてください。

《 レーザー照射後の諸注意 》
《 照射後 》

  • 患部がお顔の場合は治療後、メイク・洗顔は禁止です。
  • 翌日からテープを貼ったままの患部のシャワーは可能です。患部以外のシャワーは当日から可能です。湯船は4日後から可能です。
  • 翌日から低刺激性の洗顔フォーム、石鹸であればご使用可能です。
    ※出血がみられる場合はテープの上からティッシュ、ガーゼ等で抑え、シャワーは翌日からにしてください。
  • 処方された軟膏は4日間(夜のみ)テープの上から塗ってください。テープが剥がれた場合は処方された軟膏を塗り、新しいテープを貼りなおしてください。
  • テープは4~5日貼付してください。その後、患部の状態が良ければ、テープを貼らなくても結構です。入浴・シャワー、洗顔の際は患部を強くこすらないでください。カサブタが出来ても自然に剥がれるまでは無理に剥がさないでください。
  • 患部は直射日光に絶対に当てないようにしてください。
  • 外出の際は必ず日焼け止めクリーム(SPF30以上)で保護してください。
  • 再照射は2ヶ月後になります。個人差もありますので医師の指示に従ってください。

アザ除去料金

施術名 料金
2cm×2cm 20,000/1回
3cm×3cm 30,000/1回
5cm×5cm 50,000/1回
10cm×10cm 100,000/1回
20cm×20cm 200,000/1回

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み