美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

アンコア

ブリッジセラピーでお肌の悩みを解決

アンコア(ブリッジセラピー)

傷跡やニキビ跡、イボ、妊娠線など肌表面の治療では対応できない症例には、高いパワーで選択的な治療を可能にしたウルトラパルス炭酸ガスレーザー『アンコア』をお勧めしています。
アンコアによる治療は皮膚を蒸散させてしまうほどのレーザーで皮膚にダメージを与え、皮膚が自然と再生する力を利用してニキビ跡などの皮膚の悩みを解決する治療法です。強力な効果を持ちますがダウンタイムは長めになります。

このような方へおすすめ

  • ダウンタイムが長くてもしっかりと治療したい
  • ニキビ跡を綺麗にしたい
  • イボを取りたい
  • 傷跡や妊娠線を綺麗にしたい

ブリッジセラピーの適応

  • シミ(老人性色素斑)の治療
  • シミ(肝斑)の治療
  • 毛細血管拡張症の治療
  • シミ(炎症性色素沈着)の治療
  • お肌の色素消失の改善
  • 傷跡・ヤケド跡の治療
  • ソバカス(雀卵斑)の治療
  • シワ・ニキビ跡の治療
  • 肌質の改善

・・・などに効果を発揮します

炭酸ガスレーザー

ウルトラパルス炭酸ガスレーザー『アンコア』

炭酸ガスレーザーは水に対する吸収率が高い10,600nmの波長を持つレーザーです。シミや刺青を除去するレーザーとは異なり、皮膚の組織全体にダメージを与えるフラクショナルレーザーのとして使用します。そのため、フラクセルのような肌の若返りやイボの除去などに使用できます。

炭酸ガスレーザーは現在、3種類あります。連続波型(CW)、スーパーパルス型(SP)、ウルトラパルス型(UP)です。連続波はレーザーのスイッチを押している間レーザーが照射するレーザーで、スーパーパルス型は1秒間に100発程度のパルス波を連続的に出すレーザーです。ウルトラパルス型は巨大なパワーのレーザーを1発だけ照射するレーザーです。
連続波炭酸ガスレーザーよりもスーパーパルス、さらにスーパーパルスよりもウルトラパルス炭酸ガスレーザーのほうが周囲組織に熱を残しにくいのでより選択的な組織の蒸散が可能です。ウルトラパルス炭酸ガスレーザーは現在のところ当院が所有しているルミナス社のアンコアしかありません。

機種名 メーカー 出力 モード
Esprit JMEC 10KW CW,SP
UniPulse NIDEK 10KW CW,SP
Captaion SMメディカル 7KW CW,SP
LASERY15Z 渋谷工業 15KW CW,SP
Encore(アンコア) Lumenis 60KW UP
30C Lumenis 30KW CW,SP
連続波(CW)、スーパーパルス(SP)、ウルトラパルス(UP)

アンコアの治療法(ブリッジセラピー)

ウルトラパルス炭酸ガスレーザー『アンコア』は強力なレーザーをドット照射して皮膚に細かい穴を開けていきます。皮膚は損傷すると自然に再生する反応(創傷治癒反応)が起こります。この反応を利用して皮膚を綺麗な状態に変えていくのがブリッジセラピーです。

皮膚の再生効果をしっかりと実現させるには単純に皮膚を損傷させればよいわけではありません。重要なのは微細な穴を周囲に健常な組織を残してあけることです。健常な組織は損傷部位の周辺に橋渡し(ブリッジ)状態で残っています。そして徐々にレーザーであいた微細な穴が埋まっていき、綺麗な皮膚が再生されていきます。これがブリッジセラピーです。
アンコアは照射密度、熱の深達度などを自在に調整できますので、各患者様の症状に合わせた治療が可能となり、副作用(瘢痕、赤みなど)のリスクも大幅に軽減し、安全で効果的な治療が可能となりした。

ブリッジセラピーのメカニズム

ブリッジセラピーによるレーザー照射を受けた皮膚は、影響を受けていない健常な皮膚がブリッジ(ネット)のように張り巡らされている状態になります。これが皮膚再生をより早め、ダウンタイムの短い治療を可能にしています。

ブリッジセラピーのメカニズム
  1. シワや皮膚内部が不均一なために、肌のハリやツヤが損なわれているお肌
  2. レーザー照射で皮膚に小さな穴をあける
  3. レーザー照射後、皮膚の自己再生能力によって徐々に穴が修復される
  4. 穴の修復に伴い、皮膚内部の細胞分裂が活性化される
  5. 穴の完全治癒が行われ、穴の周囲も均一に細胞が分布。ハリのあるお肌がよみがえります。

アンコアの組織学的見地

アンコアの組織学的見地 アンコアの組織学的見地

アンコア施術の実際

アンコアの施術風景を動画でご覧ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

フラクセルとアンコアの違い

共立美容外科仙台院にはフラクセルIIとアンコアの2種類のフラクショナルレーザーがあります。どちらもシミ、シワ、傷跡、妊娠線などの肌のお悩みに効果的な機器ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

1.レーザーの違い

「フラクセル」はエルビウムグラスレーザーという種類のレーザーです。また、アンコアは炭酸ガスレーザーです。どちらのレーザーも共に「水分を含んだものに反応する」という性質を持っています。同じように水分に反応する二つのレーザーですが、その出力に違いがあります。フラクセルのエルビウムグラスレーザーは皮膚の細胞を壊死させる程度ですが、アンコアの炭酸ガスレーザーは皮膚を蒸散させるほどの威力があります。
フラクセルは細胞を壊死させ、その壊死させた細胞が貪食細胞によって消化されながら肌の生まれ変わりやタイトニングが行われていきます。よってフラクセルはダウンタイムは短めですが、効果がでるまでには時間がかかります。
他方、アンコアの場合は皮膚を蒸散させてしまいますので、タイトニングは即時に行われ、効果も大きいのですが、ダウンタイムが長くなってしまいます。

  フラクセル アンコア
レーザー エルビウムグラスレーザー 炭酸ガスレーザー
皮膚への侵襲 壊死 蒸散
ダウンタイム 1-2日 2-3日
フラクセルの場合 組織が熱変性を起こしている アンコアの場合 組織が蒸散し、深部は熱変性を起こしている
フラクセルの場合
組織が熱変性を起こしている
アンコアの場合
組織が蒸散し、深部は熱変性を起こしている

2.面と線

アンコアは線状、三角形、四角、円、ドーナツ状などにレーザー照射形を変えて照射することができます。そのため、シワや傷跡に沿っての照射ができ、ターゲットを狙い撃ちできます
一方で、フラクセルは一定の形でしかレーザーを照射することができません。どこの部位を行うにせよ一定の形でしたレーザーを照射できないのです。
では、全てアンコアで行った方が良いのでしょうか?それは違うのです。『レーザーの違い』において記述したようにアンコアは皮膚を蒸散させるほどのレーザーですので、ダウンタイムが長くなります。そのため、例えば全顔をアンコアで施術したとしましょう。この場合、顔全体が赤みを帯びた状態が1週間程度は続いてしまいます。これでは社会活動を行う上で不具合が生じてしまう事もあるでしょう。よって、全顔のように広い範囲を治療するのであればフラクセルの方が良いと考えられます。つまり、どの部位を施術したいかによってアンコアかフラクセルかを選んでいただくのが良いと思われます。

  • ◆広範囲であればフラクセル
  • ◆シワや妊娠線などの特定の範囲であればアンコア

3.診療回数と期間

症状や個人差にもよりますが、フラクセルにおいて十分な効果を得るために4週間の間隔で3~5回程度の治療をお勧めしております。アンコアは2~3ヶ月間隔で3回の治療をお勧めしております。この回数と期間の違いはそれぞれのレーザーの特性によるものです。アンコアは施術効果が大きく治療回数は3回程度で済みます。フラクセルはアンコアに比べれば効果は落ちますので、5回程度の回数が必要となります。また、治療間隔はそれぞれの皮膚へのダメージによります。皮膚を蒸散させるほどのダメージを与えるアンコアは治療間隔が長くなるわけです。

  フラクセル アンコア
回数 3~5回程度 3回程度
施術感覚 4週 2~3ヶ月

アンコア+フラクセル

上記のようにフラクセルは照射後の回復が早いため、アンコアに比べて広い範囲の面積の入れ替えが可能です。しかし、フラクセルは細かい部分や目の際、瞼などを打つのは向いておりません。対して、アンコアは目の際や瞼、陥没や傷跡、シワに沿って照射することが出来ます。
そして、フラクセル単独よりもアンコアを部分的に組み合わせることで、非常に高い相乗効果を得る事ができます。そして、アンコアとフラクセルを同時に照射できるのは東北では共立美容外科仙台院のみです。

  頬や額など広範囲 目の際、瞼 にきび陥没 リストカット 妊娠線
フラクセル ×
アンコア
フラクセル(全面)
+アンコア(部分照射)
◎◎ ◎◎ ◎◎ ◎◎

フラクセルIIについてはコチラ

ブリッジセラピー 施術の流れ

カウンセリング

洗顔し、お化粧をすべて落とします。皮膚の状態を診察し、施術部位や施術方法を決定します。

麻酔

治療中の痛み緩和のために麻酔クリームを塗ります。麻酔の効果が現れたら、クリームを除去します。

レーザー照射

照射部位に照射漏れがないようにマーキングを行います。保護めがねを装着し、テスト照射を行います。麻酔が効いていること、施術部位に異常な反応がないことを確認した後、施術部位に照射漏れがないようにレーザーを照射していきます。

施術直後~当日

レーザーの照射後は、アイスパックなどで冷却します。照射部位の痛みや熱感が治まったらご帰宅いただけます。

レーザー照射部位は刺激感が強く、抵抗力が弱くなっています。洗顔は当日から行うことが出来ますが、なるべくやさしく触れるようにしてください。施術当日の入浴は、赤みや熱感が強くなることがあるため、シャワー浴をお勧めします。また、当日の飲酒に関しても赤みが強くなるため、控えていただくことをお勧めします。

施術翌日以降

腫れ、赤みは1-3日で消失します。湯船に入って長湯したり、ジムに行って汗を流すのは、施術後2-3日たってからにしてください。
また、全てのレーザー治療に共通するものですが、日焼けを避けるために日焼け止めのクリームあるいはファンデーションを塗ってください。

注意事項・経過・副作用

《 照射当日 》

  • 当日は、洗顔・メイク・シャワー・入浴は禁止です。

《 照射翌日より 》

  • 洗顔・メイク・シャワー・入浴は翌日より可能です。洗顔は低刺激性の洗顔フォームをよく泡立て使用してください。
  • 照射後翌日から1週間にわたって、肌が乾燥し、ザラザラした感じになります。しっかりと保湿を行い、顔を強くこするなどザラザラを無理に剥さないようにしてください。
  • 治療期間中、または照射後1週間以内には、レチノイン酸やトレチノイン・AHAなどが配合された化粧品や洗顔料などを使用しないでください。当院で購入・処方のAHA配合リフレッシュソープやAQゲル・レチンAをお使いの方は照射後、1週間後からのご使用が可能です。刺激が強いので様子を見ながらご使用ください。
  • レーザー照射後、一時的に色素沈着や赤みが見られる場合がありますが、照射部を日光から避ける様にすることで徐々に消えていきます。色素沈着の予防や、早く消す為にビタミン(ビタミンCが中心のもの)を多く摂取することを心掛けてください。
  • お顔はいつも外気に触れている部分なので紫外線の影響を受けます。治療期間中、または照射後1ヶ月以内は日焼けをしないようにご注意ください。※外出の際は必ず、日焼け止め(SPF30以上)クリームで保護してください。
  • 照射後のポツポツとした赤みが出来た場合は2~3日位で引きます。
  • 照射後、水泡やかさぶたなどが発生した場合は、すみやかに担当医師までご相談ください。
  • 治療期間中に、他のレーザーや光による治療、ピーリングなどを希望される場合は、医師にご相談ください。
  • 2回目以降の治療間隔は、1ヶ月が目安です。(個人差もございますので医師の指示に従ってください)

症例

シワの治療

治療前 治療後6ヶ月

アンコアは、目の周りの細かいしわに、特に効果的です。この部分は、あまりに皮膚が薄いので、ヒアルロン酸では凸凹になってしまいます。内出血も多いうえに、効果も今一です。瞼に打つと、眼瞼下垂になるので、ボトックスも打てません。凹凸が激しく、目の防御があるので、フラクセルでもうまく照射できません。思慮の浅いドクターは、直ぐに手術を勧めますが、チリメン皺はきれいに除去できません。
その点、アンコアでは、2mm四方の細かい照射が可能なので、Deep Fxモードで、瞼の際から、目の下の際まで、殆どの目の周りのしわに照射できます。しかも、アンコアの深達度は、目の周りの皮膚の真皮の厚さによく適合しており、僅か2-3回の照射で、非常によく改善します。目の周りのアンチエイジングが、最も難しいのですが、アンコアがあれば難なくクリアできます。

治療前 治療後6ヶ月

喫煙者が最も嫌がるのが、この上唇の縦皺です。英語では、smoker's linesと呼ばれております。このラインがでると、非常に老けて見えてしまいます。ヒアルロン酸も効果はありますが、注入し損ねると、凸凹になったり、逆に縦皺が強調されたりします。このような時に、アンコアを併用すると、深いしわのラインをうまく消去できます。

治療前 治療後3ヶ月

法令線自体は、ヒアルロン酸で綺麗に消せます。最近では、2年近くも持続するレディエッセも開発され、フィラーの主役になりつつあります。ただ、この法令線から外側に広がるチリメン皺は、浅く、細かすぎて、フィラーではなかなか除去できません。その点、アンコアでは、特にこのような細かいしわに対して、劇的な治療効果が期待できます。

治療前 治療後
治療前 治療後(ActiveFX 1回)
治療前 治療後(20回)

ニキビ痕の治療

治療前 治療後(6ヶ月)

シミの治療

治療前 治療後
治療前 治療後(6ヶ月)

料金料金一覧はこちら

ブリッジセラピー施術部位

ブリッジセラピーは最新のウルトラパルス炭酸ガスレーザー『アンコア』が可能にした次世代美肌治療です。
皮膚を蒸散するほど強力なレーザーは照射形を変えることができ、シワならシワに沿った照射が可能です。
ブリッジセラピーはあらゆる肌のお悩みを解決します。特に、シワやニキビ痕、妊娠線に効果的です

こんな悩みに効果的

  • ◆毛穴の改善
  • ◆シミの除去
  • ◆妊娠線
  • ◆ニキビ痕の改善
  • ◆皮膚の緩みによる老化現象の改善(たるみ・シワなど)

総合的な肌質やお肌のハリも改善し、リフト効果もあります。

Deep FX

部位 1回 3回セット
全顔 1回 ¥220,000 ¥528,000
頬上 ¥40,000 ¥96,000
頬下 ¥42,000 ¥100,800
¥50,000 ¥120,000
¥42,000 ¥100,800
眉間 ¥42,000 ¥100,800
口周り ¥50,000 ¥120,000
顎下 ¥50,000 ¥120,000
¥50,000 ¥120,000
面積計算 1回 3回セット
照射範囲:5cm×5cm程度 ¥50,000 ¥120,000
傷跡:最初の1cm
(1cm毎)
¥30,000
(¥10,000)
¥72,000
(¥38,400)

目周りを美しく

これまで難しかった目の上のシワやタルミを切開せずにレーザーのみで治療できるようになりました。
※十分な効果を得るには照射回数3~5回必要です。

部位 キャンペーン価格
目の上 ¥40,000/回
目の下 ¥30,000/回
目の上下 ¥50,000/回

首のイボをレーザーでスッキリ除去

加齢と共に出てくる首のイボは気になりませんか?このイボは特に中年の女性に多いものです。原因は不明ですが加齢と関係していると考えられていて、放っておくと徐々に大きくなり、数も増えていきます。首以外には、わきや陰部に多発します。
これまでレーザー+電気メスで切除していたイボですが、時間と手間がかかりました。しかし、共立美容外科仙台院では最新のフラクショナルCO2レーザー『アンコア』による治療で迅速に、安全に、確実に1個づつ切除できます。
※2mm以下のイボが対象になります。2mmを超える場合はブレンド法で行います。

施術 料金
イボ除去(5個) 30,000円
イボ除去(10個) 50,000円
イボ除去(20個) 80,000円
イボ除去(40個) 120,000円

目の下のクマ、シワ、タルミ取り

レーザーリフティング + フラクセルII + アンコア

目の下のクマ、シワ、タルミ取り
当院で開発されたレーザーリフティングは130J/cm2という非常に高いエネルギーを照射し、真皮のコラーゲンに熱変性を起こさせ、再構築を促します。この結果、皮膚の収縮がおこり、たるみ、シワが改善いたします。
フラクセルはシミ、くすみ、目の下のクマ、色素沈着、色素消失、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、たるみ、瘢痕、傷跡、アクネスカー(にきび跡の陥没)等々、あらゆる皮膚のお悩みに効果的な医療レーザー治療器です。
このレーザーリフティングにフラクセルと組み合わせることによって目の下のクマ、シワ、タルミに対して相乗的に効果的な治療を行うことができます。
ただいま、キャンペーン中です。この機会に是非お試しください。

施術 価格 キャンペーン価格
目の下のクマ、シワ、タルミ取り(3回セット) 195,000円 176,000円

レーザーリフティング

フラクセルII

よくある質問

「ブリッジセラピー」とは、どのようなものですか?

アンコアによるブリッジセラピーは極小の炭酸ガスレーザービーム(照射径 DeepFx 0.12mm ActiveFx1.25mm)をドット状に照射する施術です。その際、ダメージを受けていない皮膚がビーム間に残存しているため、治癒過程において橋渡しをするように(ブリッジ)働きますので、ダウンタイムが短く、施術後の色素沈着の発生率も低く抑えられています。また、凝固層を作るタイプのフラクショナルレーザーに比して、効果が高めです。さらに、レーザーの照射形を変えて照射を行うことが出来ます。例えば、シワならば、細長い照射形とし、シワに沿って照射出来るのです。このためターゲット以外にダメージを与えません。
シワ、ニキビ跡、イボ、傷跡等のお悩みをピンポイントで解決できる魔法の消しゴムと考えてください。

どのような効果がありますか?

代表的な効果には以下のようなものがあります。

①毛穴の改善
②シミの除去
③妊娠線・瘢痕
④皮膚の緩みにより生じる老化現象の改善(たるみ・しわなど)
⑤ニキビ痕の改善
⑥総合的な肌質の改善など

特にシワやニキビ痕、妊娠線に効果的です。
また、ブリッジセラピーは皮膚がシュリンクするため、お肌のハリも改善し、リフト効果もあります。

ブリッジセラピーでしみはとれますか?

はい。しみも取れます。ブリッジセラピーは小さな範囲の皮膚ごと蒸散させますので、かなり深い色素沈着や小さな黒子にも有効です。ただし、通常全面積の5-15%くらいしか蒸散はされませんので、他のシミ専用のレーザーを併用したほうがより効果的です。

治療は、何回必要ですか?

個人差はありますが、当院では3回の治療をお勧めしております。治療間隔は1~3ヶ月です。 但し、重度のニキビ痕の方は、さらに回数を重ねなければならない場合もあります。

痛みはありますか?

施術中の痛みや熱感を低減させるため、テープ式の麻酔を貼付します。皮膚感覚が麻痺するまで約1時間程度お待ちいただきます。

治療の時間はどのくらいかかりますか?

麻酔で30分~1時間。施術時間はDeep FXのみでの場合、全顔15分程度です。

ダウンタイムはどれくらいありますか?

個人差はありますが、3日から1週間ほど赤みが残ります(お化粧でカバー可能です)。人によっては2週間ほどドットの跡が残ることがあります。ただし、近くで見なければわからないレベルのものです。
お仕事は翌日より可能ですが、人によっては、お化粧で完全にカバーできない状態が1週間ほど続く場合があります(ドットが目立ったりすること)ので、大事なイベントからは、1~2週間間隔をあけた方がよいと思われます。

入浴はいつから可能ですか?

当日のみシャワー浴となります。また施術当日の飲酒や運動は避けてください。

術後、気をつけることはありますか?

皮膚の乾燥感が強く出ることがありますので、通常より保湿をきちんと行ってください。
また、人によっては、白ニキビが多発することもあります(1週間ほどで治ります)。

お化粧はいつから可能ですか?

当日のお化粧はご遠慮下さい。翌日からは、お化粧可能です。

日焼け止めは必要ですか?

必ず塗布してください。直後は、特殊なファンデ(SPF35 PA+++)でカバーされるか、マスク、帽子、日傘などで紫外線を避けてください。

他治療を併行することは可能ですか?

トレチノインやピーリングなどの施術とは併用できません。施術を受ける2週間前から使用を中止していただいています。
また、光や他のレーザーなどとの組み合わせ治療に関しては、お問い合わせ下さい。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み