美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • 今月のおすすめ治療
  • アクセス

育毛治療

男性型脱毛症や女性の脱毛症に
医学的な対応が可能です

共立美容外科仙台院の育毛・AGA治療

男性型脱毛症へ 育毛・薄毛対策・自毛植毛 医学的な対策が可能です。

歳を重ねることによって毛髪がなくなることへの不安や恐怖が大きくなってくると思います。人によっては若いうちからその兆しが見えてしまい、何気ない一言で深く傷ついてしまう方もいるでしょう。毛髪の悩みは主にビジュアル面ですが、その影響は非常に大きく、不安になるのも無理らしからぬことです。
毛髪の脱毛症への対処法として、以前はカツラが主流でした。しかし、近年では研究が進むことによって薬剤による発毛治療や毛髪を成長させるための因子を直接頭皮に注入する方法などが行われるようになりました。また、AGA(男性型脱毛症)の原因も解明されはじめ、その治療法も開発されています。
育毛やAGA(男性型脱毛症)は医療機関で治す時代です。

薄毛・脱毛症の治療は早期の開始がおすすめです。

薄毛・脱毛症の治療は早期の開始をおすすめしております。なぜならば、早めに対処を行わなければ、弱った毛根が死んでしまうからです。死んでしまった毛根を復活させることはできず、再度、髪を生やすには植毛などを行う必要があります。気になりだしたら、お早めの治療をおすすめしております。

頭髪の脱毛の原因

頭髪の脱毛には様々な原因があります。ストレスや頭皮の健康状態、その他病気、そして男性型脱毛症です。それぞれに対する対処法は異なります。逆に、頭皮の脱毛に複数の要因が関与している場合もあり、総合的な判断と適切な処置を必要とします。

  1. 男性ホルモン(AGA)
  2. 毛根への血行不良
  3. 毛根への栄養不足
  4. 毛根の成長、分裂、生物活性の不良

毛周期

頭髪に限らず人間の体の毛には毛周期が存在します。皮膚内にある毛が発生する場所には毛母細胞という幹細胞があります。当初、毛母細胞は『休止期』と呼ばれる休眠状態にあります。休止期から目覚めた毛母細胞は次第に毛へと分化し、徐々に毛が成長していきます。これが『成長期』です。成長を続けると次第に毛母細胞の分裂が治まってきます。そして、毛が毛母細胞から離れます。これが『退行期』です。その後、毛母細胞から離れた毛は自然に抜け落ち、『休止期に』に入ります。毛を抜いても再度生えてくるのはこのためです。この毛周期は体毛の種類によって異なり、頭髪の場合は2~7年と言われています。
それでは、脱毛症になっている毛髪はどのような状態でしょうか?薄毛の方の頭皮をよく見ると薄い産毛が生えているのが見えると思います。これは毛周期のうち、成長期が途中で毛が短いまま抜けてしまっているのです。毛髪の通常の毛周期は2~7年ですが、この状態では数ヶ月から数年になっています。

AGA(男性型脱毛症)の原因

将来、薄毛になるのではないかとお悩みの方もいると思います。一般的な薄毛はAGA(男性型脱毛症)という症状です。このAGAは男性ホルモンが影響しており、女性も男性ホルモンがあるため同様の症状が出ます。思春期以降に遺伝的な背景を持って出現するのが特徴です。

AGAが男性ホルモンに依存する症状であることは先に述べました。具体的には、男性ホルモンの一種であるテストステロンを5αレタクターゼという酵素がDHT(ジヒドロテストステロン)に変換致します。そのDHTが遺伝子内の特定の箇所に作用し、頭髪の発毛を妨げます。また、AGAではない方はDHTがその箇所に作用するのを阻害されるようになっています。この差を利用してAGAの診断を行います。

AGA作用機序

AGAの原因となる5αレタクターゼがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換するのを阻害するのがAGA治療薬です。DHTが生成されるのを防ぐことで、AGAが発症しないようにします。5αレタクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、以前はⅡ型の5αレタクターゼが原因とされてきましたが、近年ではⅠ型もAGAの原因であると報告があり、Ⅰ型、Ⅱ型共にブロックするAGA治療薬もございます。

AGA作用機序

※AGA治療薬の処方には『AGAチェック検査』を受ける必要があります。また、女性には処方できません。

  • 適応症例

    有効成分フィナステライドを含む薬剤です。Ⅱ型の5αレタクターゼの働きを阻害します。

  • Avodart

    有効成分にDutasteride(デュタステライド)を0.5mg 含有する薬剤です。Ⅰ型とⅡ型両方の5αレタクターゼの働きを阻害します。

  • 適応症例

    有効成分にDutasteride(デュタステライド)を0.5mg 含有する薬剤です。Ⅰ型とⅡ型両方の5αレタクターゼの働きを阻害します。

AGAチェック検査

DHTが生成されるまでは前述の通りですが、生成されたDHTの一部は『男性ホルモン受容体(Androgen receptor)』に作用します。
『男性ホルモン受容体』自体は男性であれば誰でも持っているものなのです。そして『男性ホルモン受容体』の遺伝子の中に『CAGリピート領域』と呼ばれる箇所があります。

この『CAGリピート領域』はDHTが男性ホルモン受容体に作用するのを阻害する働きをしているのですが、人によっては『CAGリピート領域』が短く、DHTを阻害しきれずに男性ホルモン受容体にDHTが作用し、脱毛遺伝子を活性化させてAGAを引き起こしてしまいます。

この『CAGリピート領域』の長さを遺伝子診断で検査するのが『AGAチェック検査』です。

AGAチェック検査

頭皮の血行不良や栄養不足の解消

頭髪の脱毛の原因に頭皮の血行不良や栄養不足もあげられます。治療法としては血管拡張作用のあるミノキシジルなどで血行を良くする他、当院で推奨している育毛治療では育毛を促す成長因子を頭皮に直接に注入する『スキンスタンプ治療』がございます。AGA治療薬は女性には使用できませんので、女性の育毛治療はこちらのアプローチとなります。

  • ミノキシジル(Minoxidil)

    血管拡張作用(血管の平滑筋に直接作用して末梢血管を拡張させる)が頭皮の血行を促進し、毛根を刺激しつつ栄養を与える事で、発毛を起こさせます。

  • 成長因子と有効成分を頭皮に注入することで、効果的に発毛・育毛を促します。注入法はスキンスタンプと水光注射の2つがあります。

女性の薄毛・育毛治療

女性にはAGA治療薬を処方することができません。そのため、頭皮の血行不良や栄養不足の改善、成長因子の直接注入などが治療法となります。

  • Rogaine

    有効成分に血管拡張作用を持つミノキシジル2%を含有させた塗るタイプの育毛剤です。米国FDA(日本でいう厚生労働省)による認可を受けています。

  • パントガル(Pantogar)

    パントガル(内服薬)は、オリジナル成分である、アミノ酸・たんぱく質・ビタミンB群などを豊富に含んだカプセル錠です。脱毛の減少、健全な発毛促進、髪の質や抵抗力の改善に有意に働き、かつ認容性に優れることが、包括的な科学調査により実証されております。

  • 成長因子と有効成分を頭皮に注入することで、効果的に発毛・育毛を促します。注入法はスキンスタンプと水光注射の2つがあります。

その他育毛関連製品

フケやかゆみの予防効果や育毛成分が含まれたシャンプーなども取り扱っています。

  • Nizoral Shampoo(ニゾラールシャンプー)

    毛包を萎縮させ、脱毛の原因となるテストステロンからジヒドロテストロンへの変換を防ぎます。毛包のつまりを減少させることが可能です。

  • HGリバイタライジングシャンプー 340ml

    HGドクターズヘアケアシリーズは男性ホルモンに作用せず、II型テストステロン5αレタクターゼによる脱毛症状そのものを抑制します。そのため、男女共に懸念される副作用をきにすることなく使用できます。

  • Sarcotropin

    サルコトロピンは成長ホルモン分泌促進剤です。成長ホルモンの減少も毛髪の減少に関与していると言われています。成長ホルモンを分泌させることで、各種老化現象への対処にもなります。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み