美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • 今月のおすすめ治療

最新レーザーによる肌の入れ替え治療ピコフラクショナル

ピコフラクショナル

フラクショナルレーザー治療とは肌に目に見えない微細な穴をレーザーで複数空け、その傷が治る過程で古い皮膚が新しい皮膚に置き換わる治療です。肌が置き換わるため、古い肌にできたシミやくすみ、毛孔性苔癬、毛穴の開き、シワ、傷跡、アクネスカーなど様々な肌トラブルが改善されます。当院ではフラクショナルレーザーの有効性を世界に広め、効果に非常に定評のあるフラクセルIIを所有しておりますが、今回、最新のPico-YAG-レーザー・エンライトンで行う『ピコフラクショナル治療』を導入しました。

このような方へおすすめ

  • 肌のアンチエイジングがしたい
  • シミやくすみ、アクネスカーなど肌の悩みを解決したい
  • 短いダウンタイムがよい
  • 特に、目の周りの細かいシワ、ちりめん皺をとりたい。
  • 痛みの少ない治療がしたい
  • 過去のレーザー治療で消え残った箇所を消したい

ピコレーザーエンライトン+MLA(Microlens Array )

共立仙台のピコフラクショナルレーザーはエンライトンにMLA(Microlens Array )を装着して行います。高い出力と微調整が可能なピコレーザーエンライトンの性能はそのままに複数の小さなレンズ(マイクロレンズ)を通すことでピコフラクショナルレーザーを実現しています。

パルス幅

ピコ秒パルス幅で照射出来る高性能レーザー

エンライトンはピコレーザーの一つです。ピコレーザーとはレーザーの照射時間がピコ秒(1/1000億秒)という非常に短い時間で照射が可能なレーザーです。長い間、レーザー照射時間はナノ秒(1/10億秒)が限界でしたが、技術革新によりピコレーザーが可能になりました。ピコレーザーは従来のレーザーと比べると、シミや刺青などの色素をより綺麗に消す、標的以外へのダメージが減少するといったメリットがあります。

パルス幅

従来のレーザーに比べたピコレーザーのメリット

  • シミや刺青の色素粒子を従来よりも細かく破壊することができる。
  • そのため、従来でより綺麗に、従来では消しきれなかった色素も綺麗に消せます。
  • 照射時間が短いため標的以外の組織への損傷を非常に抑える。
  • そのため、他のフラクショナルレーザーより痛みが少ない。

ピコ秒パルスが効果がある理由

レーザーによる、刺青やシミの治療の原理は特定の色に反応するレーザーを照射して破壊するというものです。標的を破壊するには色も大事ですが、標的の大きさも大事です。従来のレーザーではパルス幅10ナノ秒が限界でした。10ナノ秒のパルス幅だとメラノソームの大きさ(500-700nm)や2μm(マイクロメートル)の刺青インクを破壊できます。しかし、パルス幅10ナノ秒のレーザーで破壊された刺青インクなどはもっと小さな粒子となり残ります。この非常に小さな粒子は従来までのレーザーでは破壊出来ませんでした。しかし、Picoレーザーエンライトンは刺青インクであれば2μmの10分の1である200nm(ナノメートル)の刺青インク粒子や200-400nmのメラニン顆粒も破壊することができます。そのためより綺麗にシミや刺青を消すことができるのです。

従来のレーザー

従来のレーザー 大きかった粒子が砕ける これ以上小さくは壊せない

Picoレーザー

Picoレーザーなら、従来のレーザーで砕けない大きさの粒子を砕くことが出来ます。

ピコフラクショナルの照射痕の比較

フラクショナルレーザーの治療原理は、レーザーの照射によって非常に微細な皮膚上の領域にダメージを与え、その傷が治ることで新しい皮膚に置き換わる治療です。他社のフラクショナルレーザーと比べ、エンライトンのピコフラクショナルは非常に細かなダメージ領域を創ることができます。ダメージ領域が大きいと、治療後のダウンタイムが長く、また治りにくい結果となります。

パルス幅

Picoレーザーエンライトンについて詳しくお知りになりたい方は下記リンク先をご参照ください。Picoレーザーエンライトン

ピコフラクショナルの原理

LIOB(Laser Induced Optical Breakdown)

エンライトンは非常に高いピークパワーをピコ秒で照射することができますが、この場合、照射ターゲットとなるメラニンは照射を受けると自由電子がうまれてプラズマを形成します。形成されたプラズマは一定の範囲を遮断、内部の組織を蒸散させます。フラクセルは熱変性を起こすのに留めるに対し、ピコフラクショナルでは組織を蒸散させますので、より組織の入れ替わりを促進します。

  • メラニン(照射ターゲット)から自由電子が生まれる。

  • 自由電子が雪崩現象を起こし、プラズマが形成され、「遮断」を引き起こす。

  • 遮断された熱い球が残り、周囲組織を沸騰温度で暖め、コラーゲン・エラスチンが産成。

  • 蒸散後、空胞が形成される1064nmはより深く、血管走行領域に到達するので、赤み、血液が流入=点状出血が見られる。

創傷治癒過程によるコラーゲンの産生

LIOBにより組織に穿たれた空胞には術後30日程度で治癒過程におけるコラーゲンの産生が認められます。この結果、古い皮膚の凝集やみだれたコラーゲン繊維が整えられ、皮膚の弾力が回復します。

治療上の諸注意

  • ゴムで弾かれたような軽い痛みがございますが、特に麻酔は必要ありません。
  • 個人差はありますが腫れや傷跡はほとんど出ることはありません。
  • 照射後のポツポツとした赤みが出来た場合は2~3日位で引きます。
  • レーザー照射後は乾燥するので、しっかりと保湿をしてください。
  • お化粧は翌日より可能です。
  • シャワーは翌日より可能です。入浴は4日後より可能ですが、お体を温めると腫れが長引く場合がありますので、長時間の入浴は避けて下さい。
  • 治療回数は個人差がございますのでご了承ください。
  • 2回目以降の治療間隔は、1ヶ月間開が目安です。(個人差もございますので医師の指示に従ってください)

料金

※2回目以降の料金は、最後の御来院から2ヶ月以内に再度治療をされた場合の料金です。

料金は全て税抜きです。

お顔全体
初回トライアル:¥23,000
1回:¥34,000
2回目以降(※):¥23,800
目の下、鼻、頬上、頬下の各部位それぞれ
1回:¥21,000
2回目以降(※):¥14,700
額、口周り、顎下、手の甲(片方)の各部位それぞれ
1回:¥24,000
2回目以降(※):¥16,800
首、手の甲(両方)の各部位それぞれ
1回:¥30,000
2回目以降(※):¥21,000
目の下+鼻+頬上
1回:¥30,000
2回目以降(※):¥21,000
顔全体+顎下
1回:¥46,400
2回目以降(※):¥32,480
顔全体+顎下+首
1回:¥70,400
2回目以降(※):¥49,280
面積計算(片手のひら)
1回:¥24,000
2回目以降(※):¥16,800

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み