美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

美白・美肌対策

共立美容外科の美白・美肌治療

共立美容外科の美白・美肌治療

美白・美肌は女性にとって大きな憧れであり、永遠のテーマかもしれません。生まれたての赤ちゃんの肌は、まさに美白・美肌の体現ともいえるべき肌であり、みなさんも生まれたての頃は美しい肌を持っていたのです。それでは、なぜ、その美しい肌が失われてしまうのでしょうか?そして、どのようにしたら憧れの美白・美肌を手に入れられるのでしょうか?共立美容外科仙台院では最新の医療機器を数多く導入しており、皆様の憧れである美白・美肌をプロデュースします。

美白・美肌に必要なこととは?

皮膚の構造は大きくわけて表皮、真皮、皮下組織から構成されています。

皮膚の構造

表皮の構造と機能

表皮は皮膚の一番外側にあり、厚さは0.06mm~0.2mmで皮膚の内側から外側にかけて基底層、有棘層、顆粒層、角質層と構成されており、紫外線などの外的刺激から肌を守る役割を持っています。
基底層では、新しい細胞(角化細胞:ケラチノサイト)が次々と生成されています。このケラチノサイトが基底層から有棘層、顆粒層、角質層と徐々に分化しながら(形を変えながら)上層へ進み、最終的には角質層として皮膚の表面にたどり着いた後、垢となって剥がれおちます。この一連の流れが肌のターンオーバーと呼ばれています。また、基底層ではメラニン色素を生成するメラノサイトがあり、紫外線に反応してメラニンを生成します。このメラニンは紫外線から体を守るために適量が生成されますが、長期間にわたり紫外線を受けることで、メラニン色素の生成が異常をきたし、シミなどの原因になります。
そして角質層は表皮の一番外側の層であり、角質細胞が覆いかぶさってできています。これら角質細胞によるバリア機能と皮脂腺から分泌される皮脂膜による保水機能によって肌を守ります。

このように紫外線や細菌など様々な外的刺激から守ってくれる機能を有していますが、度重なる外的刺激や老化によって、皮膚の防御機能やサイクルに乱れが生じてしまい、シミや乾燥肌などが現れます

真皮の構造と機能

次に表皮の下にある真皮ですが、真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで構成されています。特に構成の大部分を占めるコラーゲンは肌にハリ、伸縮性や弾力をあたえ、コラーゲンが枯渇することで、シワやタルミが生じます。エラスチンはコラーゲンを架橋することで肌の弾力を与えています。そして、ヒアルロン酸は高い水分保持機能によってお肌にみずみずしさを与えています。
これら真皮の構成成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は加齢と共に失われていき、その後自然ともとに戻ることはありません。

皮膚のくすみと糖化について

これまで「くすみ」=「しみ」=「メラニン色素の沈着」と考えられていましたが、「くすみ」は真皮層のコラーゲンの糖化が大きな原因だとわかってきました。ジェネシスは、真皮のコラーゲンまで達し、糖の結合を解除し、くすみを取り除きます。フラクセルの場合は、糖化した古いコラーゲン自体を取り除き、新しい糖化していないコラーゲンに入れ替えます。

糖化とは?

糖化とは、タンパク質と糖が結合し、タンパク質が変性する反応です。この変性したタンパク質は最終的にAGEs(糖化最終生成物)という異常タンパク質が生成されます。このAGEsはコラーゲンを架橋して弾力をなくしたり、溜まることで「くすみ」の原因となります。この他、しわ、たるみの原因にもなります。老化自体に関係していると考えられています。

美肌の施術

美肌とはみずみずしく弾力があり、キメの細かい肌のことです。加齢と共に肌にハリと弾力がなくなり、水分を失い乾燥し、かさついて土偶のようなお肌になってしまいます。美肌といえば、何より思いつくのが赤ちゃんのお肌です。赤ちゃんの肌はキメ細かく、弾力があり、みずみずしい究極の美肌です。この赤ちゃんの美肌はなぜ失われてしまったのでしょうか?それは、上記に書いたように度重なる外的刺激によるターンオーバーの乱れとヒアルロン酸等が失われることでの肌機能の低下によるものです。赤ちゃんの美肌は外的刺激をまったく受けていないプレーンな美肌なのです。

よって、美肌を保つには①外的刺激から肌を保護する。 ②肌のターンオーバーを正常化する。 ③コラーゲンやヒアルロン酸など失われる物質を補給(再生産させる)ことが必要だと考えられます。

共立美容外科仙台院では、「古い皮膚を新しい皮膚に置き換えていく」という発想から生まれた革新的なレーザー治療器『フラクセルII』を東北で唯一導入しております。『フラクセルII』は肌を入れ替えてベビースキンにできる唯一のレーザー治療器です。

また、長い波長のレーザー『ジェネシス』は皮膚表層の角質層と表皮を通過し、真皮上層部を加熱する事でコラーゲンを増やし、肌のキメを整え、ハリを取り戻します。

美白の施術

美白は「くすみ」や「しみ」のない美しく白い肌です。「くすみ」や「しみ」の原因となるメラニン色素は紫外線を受けることで生成されます。このメラニン色素の生成が過剰になったり、肌のターンオーバーが乱れたことによってメラニン色素をうまく排出できなくなると、「くすみ」や「しみ」が生じてしまいます。つまり、紫外線から肌を守るのが美白への重要な要素です。
では、できてしまった「くすみ」や「しみ」はどうしたら良いでしょうか?
共立美容外科で導入している「ジェネシス」は、長い波長(1064 nm)を使用しているため、皮膚の深くにあるクスミや小ジワにより効果が高く、透明感のある肌が得られます。

この他にも美白に加えたるみにも効果的な施術としてフォトRFオーロラがございます。フォトRFオーロラは「ジェネシス」等の専門機器にはそれぞれ効果は劣りますが、全波長の光を照射するため、美白・たるみ改善・脱毛とオールラウンドに効果を発揮します。そして、美白コースとして、ケミカルピーリングとのセットコースもございます。

その他、化粧品・薬剤による治療

当院では上記の他にも美白・美肌対策のためのドクターズコスメやケミカルピーリング等の治療をおこなっております。
化粧品・薬剤に関しては特設ページをご用意しておりますので、そちらをご覧ください。
化粧品・薬剤について、より詳しくはこちらのページを御覧下さい。

シワでお悩みの皆様へ

年齢と共に現れる悩み、シワ。共立美容外科仙台院ではシワ取り手術から高周波、レーザー、注入物など、様々な最新のシワ治療法を導入しております。詳しくは若返りとシワ対策のページをご覧ください。

その他皮膚のお悩み

赤ら顔やホクロ、アザや入れ墨の消去など、様々な皮膚のお悩みに対応する最新機器を共立美容外科仙台院では導入しております。詳しくはそれぞれのページをご覧下さい。

共立のたるみ治療

「たるみ」は誰にでも訪れる悩みです。
共立美容外科仙台院においても多くの方が「たるみ」を解消するためにいらっしゃっています。
多種多様な原因が複合的に合わさって「たるみ」を解消するため、共立美容外科仙台院では最新の施術法を取り揃えております。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み