美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

共立式共立式ローラークランプ法

国際特許取得。日帰りできるワキガ多汗症治療

共立式ローラークランプ法(国際特許)傷跡が残らない「次世代のワキガ・多汗症治療」

1、国際特許取得のローラークランプ法とKBシースで傷跡が目立たない

共立美容外科では、手術でしか根本治療ができないワキガの治療のために傷を最小限に抑え、且つ出来るだけ効果を上げるという工夫と改善を重ね開発したのが国際特許を取得している「ローラークランプ法」(特許番号:第3839137号)です。
原因組織を取り除く場合、器具がどうしても皮膚を傷つけてしまいます。そこで、共立では国際特許を持つKBシース(特許番号:日本 1883539 : アメリカ 5213567 : ヨーロッパ 0458989)という独自の傷口保護器具を使用することで、従来の吸引間の往復運動による皮膚の損傷を限りなくゼロにし、傷の治りが非常に良くなります。このローラークランプ法とKBシースの組み合わせにより、傷跡も非常に目立たなくなり、非常に綺麗な仕上がりです。

当院治療例(ローラークランプ法) 他院治療例(切開法)

2.体外超音波の併用で、より高い汗腺の除去率と血管網の維持が可能になりました。

体外超音波を併用することで、組織の結合力を緩めることができます。そのため、ワキガ・多汗症の原因となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺の除去率が上昇します。また、麻酔液に含まれている血管を収縮させる薬剤をより広く浸透させることができますので、出血が少なく血管網の維持が可能となります。そのため、色素沈着や皮膚の壊死が非常に少なくなりました。

3、永久脱毛の効果もあります。

ローラークランプ法はワキガ・多汗症の原因組織だけではなく、毛根から皮脂腺にかけての部分をほとんど完全に除去できるので、永久脱毛の効果もあります。

4、十数年にわたり3000例以上の症例数を誇ります。

施術はわずか40分程度で終了します。これまで10年にわたり3,000例を超える施術実績を持つ熟練ドクターが、カウンセリングから施術まで担当致しますので、信頼性と安心感は抜群です。

ワキガとは?

ワキガは腋(ワキ)の下から独特の匂いを発する症状です。運動などをおこなったあとの汗の臭いとは異なり、しばしば他人に嫌悪感をあたえるほど強烈なものです。一般にワキガの方は多汗症を併発しており、発汗量の低い冬でさえ、衣服に黄色いシミを作ったりします。元来、ワキガは一種のフェロモンとしての機能をもっており、異性を引き付けたり、縄張りを主張するためのものです。よって、病気ではなく人間に自然に備わっている機能の一つなのです。欧米人や黒人はワキガの体質の者が多く、当たり前の事ですので悩んでいる方もごく少数です。ですが、日本人(モンゴロイド)にはワキガ体質の方が少ないため嫌悪の対象になる場合も多く、また、『臭いがする=不潔』との認識も強いため精神的に追い詰められてしまう方も多いのが現状です。

共立美容外科仙台院のワキガ・多汗症治療

共立美容外科仙台院では「体外超音波+KBシース+ローラークランプ」による「日帰りで出来る、仕上りの美しいワキガ・多汗症治療」を行っております。

共立美容外科では、手術でしか根本治療ができないワキガの治療のために傷を最小限に抑え、且つ出来るだけ効果を上げるという工夫と改善を重ね「ローラークランプ法」を開発しました。
「ローラークランプ法」は高い効果と美しい仕上がりで多くの患者様にご満足いただけておりました。しかし、当院ではさらに治療効果を上げるため、「体外超音波+KBシース+ローラークランプ」による「日帰りで出来る、仕上りの美しいワキガ・多汗症治療」を開発いたしました。

ローラークランプ法(共立法)

吸引法を大幅に改良した、共立美容外科独自の方法です。
ローラークランプ法は1999年のフランスの学会で発表されて以来、世界各国で高い評価を受け、2006年6月には日米欧で国際特許を取得しています。(特許番号:第3839137号)
また、傷口を保護する共立独自の「KBシース」も国際特許を取得しており、施術痕の美しさにおいては他院の追随を許しません。(特許番号:日本 1883539 : アメリカ 5213567 : ヨーロッパ 0458989)

吸引法からの改良点

改良点としては大きく分けて、次の三点が挙げられます。

  • 吸引管を改良し、非常に効率的にアポクリン腺を取れる
  • 毛根をチェックし、吸引範囲を計測することで、取り残しが非常に少なくなる
  • KBシースという共立独自の傷口保護器具を使用することで、従来の吸引管の往復運動による皮膚の挫滅をゼロにすることで、傷の治りが非常に良くなり、その結果、傷跡も非常に目立たなくなる。

効果も、切開法とほぼ同程度の結果が期待できます。

KBシース使用例 他院吸引例

吸引管が直接皮膚に触れないように、皮膚との間にKBシースを挿入します。その結果、例え何百回の上下運動があっても、吸引管は皮膚を傷つけることはありません。
その結果、傷の直りがよく、傷口が目立たなくなっていきます

吸引管を何百回も上下させると、皮膚が当然傷んでしまいます。その結果、術後に傷跡が目立ってまいります。

ローラークランプ皮膚を外側から圧迫し、アポクリン汗腺の効率的な吸引を可能にするローラー・傷口を保護し、美しい仕上がりを可能にするKBシース

上がローラーとなっており、皮膚の外側から圧迫することで、下の吸引管が常にアポクリン汗腺に常に密着するようになっております。このため、非常に効率的に徹底的に汗腺を除去できるようになりました。吸引管が直接皮膚を傷めないようにKBシースで保護します。KBシースは国際特許を取得しており、他院では使用できません。(特許番号:日本PATNO.1883539:米国PATNO.5213567:欧州PATNO.0458989)

ローラークランプ法 + 体外超音波(特に臭いの強い人、多汗の人、他院術後再発の人向け)

共立美容外科仙台院独自の技術開発により、ローラークランプ法に体外超音波を組み合わせることが可能となりました。
体外超音波を利用して血管を収縮させる薬剤を浸透させてから施術を行うことで、内出血の量を低く抑えることができ、超音波によってアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺等の周囲との結合を弛めるので、除去効率も大幅にアップします。KBシースによる傷口の保護を行いますので、施術跡が目立ちません。
ローラークランプ法は毛根から皮脂腺にかけての部分がほとんど完全に除去できるので、永久脱毛の効果もあり、従来の切開法や吸引法を上回る効果と、美しい仕上りを、患者様に負担をかけずに実現できます

体外超音波の利点

体外超音波は、脂肪吸引で広く使用されており、多くの利点を持つことが明らかとなっております。

  • 利点1 : 吸引効果の大幅な上昇
    体外超音波は、組織間の結合を緩めます。そのため、アポクリン汗腺やエクリン汗腺をより高い割合で除去できるようになりました。
  • 利点2 : 出血が少ない
    麻酔液の中に血管を収縮させる薬が入っており、これを体外超音波で浸透させることで、血管を収縮させ、出血を大幅に少なくすることが可能となりました。
  • 利点3 : 皮膚のダメージが少ない
    血管の破壊が少ないので、皮膚への酸素の供給が遮断されず、皮膚の壊死や色素沈着が非常に少なくなりました。実際、どの程度手術に差があるのか、下記に掲載する各種症例写真にてチェックしてみてください。

より美しい仕上がりのために

共立美容外科が開発したローラークランプ法による治療は、ワキガの主な原因となるアポクリン汗腺は勿論の事、皮脂腺、エクリン汗腺、毛根まで除去しますので、ワキガ多汗の治療と同時に脱毛の効果も発揮します。施術後の再発毛の割合は50%以下となりますが、皮膚の浅い層に毛根をおろす毛に対してはその効果が及ばない事もあります。
全国規模で見ても有数の機材設備を誇る当院には、CYNOSURE社 のLPIRとCUTERA社のXeoという高性能な医療脱毛レーザーが完備されておりますので、ローラークランプ法による傷のほとんど目立たないワキガ多汗治療とレーザー脱毛を組み合わせることにより、素晴らしい仕上がりが期待できます。

医療脱毛レーザーについて詳しくはコチラ

ローラークランプ法+体外超音波法

麻酔を打ったあと、3~5ミの切開を施す 麻酔を打ったあと、3~5ミの切開を施す
皮膚にごく小さな石灰を施し、傷口をKBシースで保護してローラークランプを皮下に挿入する。 皮膚にごく小さな石灰を施し、傷口をKBシースで保護してローラークランプを皮下に挿入する。
ローラーで皮膚を圧迫し、皮下の削除機に密着させることでアポクリン汗腺やエクリン汗腺などを効率的に吸収できる。 ローラーで皮膚を圧迫し、皮下の削除機に密着させることでアポクリン汗腺やエクリン汗腺などを効率的に吸収できる。
毛根・アポクリン汗腺・エクリン汗腺が綺麗に取れ、血管網は保たれ、色素沈着、血行障害、皮膚の引きつれが少ない。 毛根・アポクリン汗腺・エクリン汗腺が綺麗に取れ、血管網は保たれ、色素沈着、血行障害、皮膚の引きつれが少ない。
術後は傷が目立たず綺麗に回復する。 術後は傷が目立たず綺麗に回復する。

施術の流れ

共立美容外科仙台院では、これまで10年にわたり3,000例を超える施術実績を持つ熟練ドクターが、カウンセリングから施術まで担当致しますので、信頼性と安心感は抜群です。

カウンセリング

施術を担当する熟練ドクターが丁寧にカウンセリング致します。患者様のお悩みを真摯に伺い、最善の治療方法を検討します。ご納得頂いた後、治療開始となります。

施術の準備

お化粧・マニキュアを別室で落としていただきます。コンタクトレンズ着用の方には施術前に外していただいております。 (施術の一週間前にワキの剃毛処理をお願いしております。術前4時間前から絶飲食となります。)

麻酔をします

麻酔液を注射します。麻酔するとき、チクッとしますが、痛みは殆どありません。歯医者さんに行って麻酔を打たれた事がある方ならば、その3分の1くらいの痛みと考えてください。

体外超音波をかけます

ジェルを塗布した後、体外超音波をかけます。体外超音波が組織間の結合を緩め、アポクリン汗腺やエクリン汗腺の効率的な除去を可能にします。
また、麻酔液の中に血管を収縮させる薬が入っており、これを体外超音波で浸透させることで、血管を収縮させ、出血を大幅に少なくします。

体外超音波を当てた部分では、血管を収縮させる薬が浸透しているため、皮膚の色が若干白っぽくなっています。

(画像をクリックすると拡大します。)

ローラークランプによる吸引

(画像をクリックすると拡大します。)

吸引部位にマーキングを行った後、皮膚に極小さな切開をし、KBシースでその傷口を保護して吸引管を差込みます。吸引に要する時間は30~50分程度です。

圧迫

吸引後、傷口の止血と縫合を行い、テープとスポンジにより圧迫します。厚み約1cm、大きさ10cm×4cm程度のスポンジを患部に当てて包帯を巻き、テープで固定します。外からは、ほとんど目立ちません。10分間程度様子をみて頂き、異状が無ければ施術終了となります

(画像をクリックすると拡大します。)

(画像をクリックすると拡大します。)

術後の経過と注意点

翌日から、一般的な日常生活は可能です。事務的な仕事、ショッピング、食事の支度などは、心配要りません。ただし、テニスや、バスケットをするなどの激しい運動は、当然のことですが、避けてください。重い物を持つ等、脇に負担がかかる事、自動車、バイク、自転車の運転も、最低4日間は遠慮していただいております。アルコールの摂取も、施術前日から施術後一週間は控えて頂きます。
施術から4日後に圧迫を除去します。圧迫除去の際は皮膚を良く伸ばしてください。
テープかぶれや、浮腫(むくみ)、内出血などが見られる場合もありますが、1~2週間で消失します。
患部を濡らさなければ、シャワー・洗髪は施術翌日から可能です。ワキを流すのは、1週間程度お待ち頂きます。湯船に浸かる入浴は2週間後からになります。
術後2週間からは激しい運動も可能となります。丁度、この頃から、脇が突っ張った感じがでてきます。これは、傷が治るに従って繊維組織が形成され、つっぱった感じがするのです。傷が治る正常な過程です。入浴後に手のひらで円を描くようにマッサージを行うようお願いしております。2カ月から3カ月程続けていただきますと、次第に突っ張り感も解消し、柔らかくなって行くはずです。
大体、施術後、2カ月ほど汗も臭いも出なくなります。しかし、2カ月を過ぎたあたりから、組織の回復に伴い多少汗が出てきます。でも、それは決して施術前の状態に戻ることはありません。臭いは80%くらい確実に低下します。

症例写真で比較するローラークランプ法と他の手術との違い

当院ローラークランプ法症例A(術後3ヶ月)

当院ローラークランプ法症例A(術後3ヶ月)

皮膚も非常に綺麗で、引きつれや色素沈着も殆どありません。取り残しの多い症例では、毛根が多数みられるのですが、当院の症例では殆ど見られません。それだけ手術がうまく行っている証拠です。本人も汗も臭いも殆ど止まったといって感謝しております。傷跡わかりますか?

※ 写真は当院 金城院長による執刀例です。
(画像をクリックすると拡大します。)

当院ローラークランプ法症例B(術後2ヶ月)

当院ローラークランプ法症例B(術後2ヶ月)

通常、術後2ヶ月では多少の色素沈着はみられるのですが、この症 例ではまったくありません。皮膚はまったく平坦であり、吸引痕や引き つれもみられません。それではアポクリン汗腺の取れ方が悪いのかと いうと全く逆です。取れ残しの毛根も殆ど見られず、本人も汗も臭いも 全く止まったといっております。傷跡わかりますか?

※ 写真は当院 金城院長による執刀例です。
(画像をクリックすると拡大します。)

他院切開法手術例A

他院切開法手術例A

他院にて、ワキガ多汗の手術を受けて、このように傷跡が目立つようになりました。しかも、本人が言うにはまだ汗も臭いもかなり出ると訴えております。
是非、当院ローラークランプ法との比較をお願いします。当院ローラークランプ法による施術で、如何に傷が目立たないか、如何に皮膚が綺麗かご理解いただけると思います。
最初から、当院に来ていただければ、確実にもっといい手術ができたと思われます。いったんこのような傷をつけてしまうと、修正が非常に困難です。切開法の手術では、皮膚の血管網がずたずたに破壊されてしまいます。そのため、縫合部の傷の直りが非常に悪くなり、このように大きな瘢痕組織を形成しがちです。このような手術では、一生後悔することになってしまいます。

(画像をクリックすると拡大します。)

他院組織削除法(イナバ式)手術例B

他院組織削除法(イナバ式)手術例B

他院にて、ワキガ多汗組織削除法は、皮膚に2cmほどの切開を施し、1.5cmほどの金属の刃を皮下に挿入し、アポクリン汗腺やエックリン汗腺を掻き出す方法です。この方法は、吸引法などに比べると効果が安定しているのは利点です。しかしながら、この方法では皮膚が完全に皮下組織と遊離した状態となります。そのため皮膚によじれや歪みが残り易く、このまま固定されると、もう修復はできなくなります。また、皮膚の血管網が破壊されるので、色素沈着、壊死、引きつれなどが起こり易く、「汚い皮膚」になりがちです。また、傷跡も切開法よりは小さいものの2~3cmは確実に残るので、患者様の満足度は低くなります。

(画像をクリックすると拡大します。)

他院吸引法

麻酔を打ったあと、3~5ミの切開を施す 麻酔を打ったあと、3~5ミの切開を施す
吸引管を皮下に挿入する。 吸引管を皮下に挿入する。
ローラーのサポートがないので表皮近くの組織にアクセスできない。 ローラーのサポートがないので表皮近くの組織にアクセスできない。
表皮近くにある毛根や幹線はあまりとれない。 表皮近くにある毛根や幹線はあまりとれない。
毛の数も減らず効果もない 毛の数も減らず効果もない

他院切開法

麻酔をかけた後、脇の下の皮膚を3~4センチ切開し、皮膚をめくる 麻酔をかけた後、脇の下の皮膚を3~4センチ切開し、皮膚をめくる
ワキガの原因であるアポクリン汗腺を医師が肉眼で確認しながら取り除く ワキガの原因であるアポクリン汗腺を医師が肉眼で確認しながら取り除く
汗腺はハサミで取り除くが同時に血管網も破壊される 汗腺はハサミで取り除くが同時に血管網も破壊される
強引に物理的に汗腺を取り除くため、皮膚の壊死や色素沈着などさまざまな被害がでる。
大きな傷跡が残り色素沈着が起こる 大きな傷跡が残り色素沈着が起こる

他院切開法の傷跡修正

共立美容外科仙台院では他院切開法の傷跡修正を行っております。共立美容外科仙台院では科学的根拠に根ざした効果、安全性の両面で信頼できるものを導入提供しております。最新の技術と長年の経験をもとに、各種修正を行っております。詳しくは下記ページをご参照ください。

傷跡修正

傷跡がわからない共立のワキガ治療(体験談:エステシャン(宮城))

私は以前、エステシャンをしていました。脱毛の部位は脇が多いのですが、ときおり、ワキガの手術の跡がある人がいました。かなりの人が、大きな目立つ傷を持っており、皮膚がよれたり、色素沈着の強い人が大半でした。私自身もワキガで悩んでおりましたので、ワキガの手術はしたいのだけどもこんな傷が出来るのなら嫌だなとずっと思っていました。
そんな中、お客様の中で共立でワキガの手術をしたという人が数人おられました。その方々は、脇の毛がほんとにまばらで、傷もどこだかまるでわかりませんでした。お客様に指を指されて、やっとわかる程度でした。昔からひどい傷跡を見せられてきたので、あまりの違いに愕然としました。
仕事を辞めて結婚したので、思い切って共立にカンセリングに行きました。受付は親切でごく自然に対応してくれ、院長先生も時間をさいて、本当に真面目に、丁寧にカウンセリングをしてくださいました。実際の大きな症例写真を見せてもらったところ、他院との違いがわかり、大変勉強になりませした。それで、いろいろな不安もなくなり、共立で手術をすることに決めました。
手術は怖かったのですが、30分ぐらいであっというまに終わりました。手術中の痛みは歯医者に行ったときの3分の1くらいでした。術後の経過も順調で、特に生活に支障はありませんでした。ただ、2週間くらいから、突っ張った感じやでこぼこした感じが強くなり、大丈夫かなと心配でしたが、2-3ヶ月くらすると徐々に取れてきました。現在、手術が終わって半年くらいです。汗や臭いがまったくでないというわけではありませんが、7-8割くらいは確実に減った感じです。皮膚もきれいだし、傷もHPの写真と同じくらいでまったく目立ちません。

料金

※料金は全て税抜きです。

施術名 通常料金
ローラークランプ法+体外超音波吸引法 280,000円
ローラークランプ法+体外超音波吸+ベイザーリポ併用法
ローラークランプ法を行った後、ベイザーリポにて吸引することで
より汗腺を除去することができます。
350,000円
ローラークランプ法 250,000円

キャンペーン実施中

『ローラークランプ法+体外超音波吸引法』または『ローラークランプ法+体外超音波吸+ベイザーリポ併用法』を施術された方に以下の特典をいずれかサービス

  • CPソープもしくはケアプロストをプレゼント
  • 医療レーザー脱毛(両ワキ 2回)
  • +2千円で歯のホワイトニング(6本)をサービス
  • セレックACによるセラミック治療10%OFF

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み