美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン
最新の刺青除去レーザー導入!!
最新の刺青除去レーザー導入!!

高性能医療レーザーで刺青(タトゥー)を除去

最新Pico-Yagレーザーで短期間で綺麗に!除去しきれなかった刺青にも効果的!

婚礼や就職、子供や孫との入浴など刺青を入れたことを後悔され来院される方が多数いらっしゃいます。ちょっとした気持ちで入れた刺青に最大の後悔を感じていらっしゃいます。

また、眉毛やアイラインに入れたアートメイクもお化粧の流行や自分自身の変化などで消すことを望まれる方もいらっしゃいます。

以前は刺青除去といえば皮膚を切除する方法しかありませんでしたが、現在では医療レーザーによる刺青除去でも十分に満足のいく結果となっています。

当院ではピコYAGレーザー・エンライトンを日本で2台目といち早く導入しましたが、この度、エンライトンの最新ヴァージョンである『エンライトンIII』を導入しました。エンライトンIIIはエンライトンに比べ出力が50%アップした上、緑や青色の刺青に有効な670nmの波長も新しく追加されました。
エンライトンIIIは従来のレーザー治療による刺青除去に比べて約半分の回数で除去出来るようになりました。また、従来のレーザー治療での取り残した刺青も綺麗にできます。もう皮膚移植は必要ありません。現在、他院で照射中の方もご相談ください。

このような方へおすすめ

  • 切らずに刺青を除去したい
  • レーザーで短期間に刺青を除去したい
  • 眉毛やアイラインに入れたアートメイク
  • 消えずに残った刺青を綺麗に除去したい

共立仙台の医療レーザーによる刺青除去の特徴

ハイパワーピコレーザーエンライトンIIIを使用

ピコレーザー・エンライトンIIIは高いピークパワーを持ちます。同じ波長、同じパルス幅の場合、ピークパワーが大きいほうがターゲットとなる色素粒子を破壊しやすいのです。エンライトンIIIはキュテラ社のピコレーザーですが他社のピコレーザーと比べてもピークパワーは高く、また、初期型のエンライトンと比べてもエンライトンは50%高いピークパワーを持ちます。

ピークパワー

最新のピコ秒のパルス幅

パルス幅とはレーザー照射時間です。このパルス幅が短いほど細かな刺青インクの粒子を壊すことができ、綺麗に除去することができます。これまではシミや刺青の除去に使用していたレーザーはピコ秒の1千倍の長さのナノ秒が限界でした。しかし、エンライトンIIIは従来に比べさらに短いピコ秒でのレーザー照射を実現し、より小さな標的を狙い、治療することが出来るようになりました。また、ターゲットを絞り、非常に短い時間の照射になるため痛みも少なく治療することができます。

パルス幅

ピコ秒とナノ秒の2つパルス幅でより綺麗に刺青を除去

レーザーによる、刺青やシミの治療の原理は特定の色に反応するレーザーを照射して、刺青インクの色素などを破壊するというものです。標的となる色素の大きさによって有効なパルス幅が異なります。大きめの色素はナノ秒パルス幅、そして、ナノ秒パルス幅で砕かれた小さな色素はピコ秒パルス幅で照射することで、より綺麗に刺青を除去できます。つまり、従来のレーザー(ナノ秒パルス幅)で除去しきれなかった刺青もピコ秒パルス幅のエンライトンIIIであれば除去することができるのです。

2つのパルス幅(レーザー照射時間)
従来のレーザー 大きかった粒子が砕ける これ以上小さくは壊せない

黒、赤、緑、青など多色の刺青でもレーザー治療が可能

以上から、ピコレーザー・エンライトンIIIは1064nm、532nm、670nmの3つの波長を使用できることで、黒、赤、緑、青など多色の刺青でもレーザー治療が可能です。以下のグラフは刺青に使用されているインクの割合です。黒がもっとも多く、ついで赤、青、黄、緑となっています。よってエンライトンIIIは多色の刺青に対応できるピコレーザーであるといえます。

エンライトンとアレキサンドライト

皮膚の深部にある色素にも効果的

共立仙台のPico-YAGレーザー『EnLightenIII(エンライトIII)』は532nm、630nmと1064nmの3種類の波長を使用することができます。波長が長いほど皮膚の奥深くまでレーザーが到達します。そのため、1064nmを有するエンライトンIIIはプロに彫られた刺青のように深い箇所にある刺青にも作用することができます。

効果のある深さの違い

可視光線領域では波長が長いほど皮膚の奥深くにレーザーが到達します。上記は白人に対しておこなった結果です。YAGレーザーがアレキサンドライトレーザーよりも深く皮膚に到達することがわかります。
参照文献:Anderson RR: Leaser-tissue interactions. Cutaneous Laser Surgery. Goldman MP et al (eds), Mosby, St. Louis.p1-18, 1994/Goldman RE: Treatment of cutaneous vascular lesions. Cutaneous Laser Surgery, Goldman MP, et al (eds), Mosby, St. Louis, p19-105, 1994.

医療レーザーによる刺青除去のデメリット

刺青除去までに時間が掛かる

切除による刺青除去に比べ、レーザーによる刺青除去は時間がかかります。当院が所有するPico-YAGレーザー『EnLighten(エンライト)』ならば従来のレーザーによる刺青除去に比べて少ない照射回数で除去が可能ですが、何回の照射で刺青が除去できるかは個人差が大きく一概には言えません。だいたい3~10回位で90%位の人は終了しますが深部にまで色素が達していた場合はそれ以上にかかる場合があります。また、レーザーの照射間隔は2ヶ月ごとになります。

色素の種類によっては消えにくく副作用がある

黄色・緑・青・紫などは治療回数が非常に長くかかる場合があり、完全には除去しきれない場合もあります。また、入れ墨の色素によっては金属(水銀など)を含んでいるものがあり、レーザー照射によって逆に変色してしまう可能性もございます。

症例

before after

機械で入れた刺青。他院で12回の照射でも綺麗にならず、最後の方はいくら照射しても変化なく取れずに来院。Pico-YAGレーザーエンライトンで照射を2回行った結果です。患者様とそのご家族からも「たった2回で相当きれいにとれている。消えるのが早い」と感想を頂戴しています。
※注意:白いところは、すでに傷になっているので、これを消せるわけではありません。

EnLighten(エンライトン)による刺青の除去例

Picoレーザーエンライトンと従来のレーザーの性能差

以下の症例はまず、従来のレーザーで15回照射しましたが刺青が除去しきれずに残っています。この除去しきれなかった刺青にエンライトンを1回照射し2ヶ月経ったのが下段の写真です。従来のレーザーでは取りきれなかった(レーザーに反応しなかった)刺青にもエンライトンはしっかりと効果を示しています。

従来のレーザーで15回照射

エンライトンでその後1回照射

MyQ.dualによる刺青の除去例

Q-スイッチYAGレーザー MedLiteによる刺青の除去例

ピコレーザー・エンライトンIIIの特徴詳細

ピコ秒レーザー

ピコレーザー・エンライトンIIIの最大の特徴は、「ピコレーザー」とある通り、レーザー照射時間(パルス幅)がピコ秒であることです。エンライトンIIIが照射するレーザーは750ps(ピコ秒)の一瞬だけ照射されます。1回の瞬きは平均で100ミリ秒(0.1秒)と言われています。1ピコ秒はその1000億分の1秒です。パルス幅ばピコ秒単位のレーザーをPicoレーザーといいます。

パルス幅

これまではシミや刺青の除去に使用していたレーザーはピコ秒の1千倍の長さのナノ秒が限界でした。しかし、エンライトンは従来に比べさらに短いピコ秒でのレーザー照射を実現し、より小さな標的を狙い、治療することが出来るようになりました。また、ターゲットを絞り、非常に短い時間の照射になるため痛みも少なく治療することができます。

2つのパルス幅(レーザー照射時間)

レーザーによる、刺青やシミの治療の原理は特定の色に反応するレーザーを照射して破壊するというものです。標的を破壊するには色も大事ですが、標的の大きさも大事です。従来のレーザーではパルス幅10ナノ秒が限界でした。10ナノ秒のパルス幅だとメラノソームの大きさ(500-700nm)や2μm(マイクロメートル)の刺青インクを破壊できます。しかし、パルス幅10ナノ秒のレーザーで破壊された刺青インクなどはもっと小さな粒子となり残ります。この非常に小さな粒子は従来までのレーザーでは破壊出来ませんでした。しかし、Picoレーザーエンライトンは刺青インクであれば2μmの10分の1である200nm(ナノメートル)の刺青インク粒子や200-400nmのメラニン顆粒も破壊することができます。そのためより綺麗にシミや刺青を消すことができるのです。

2つのパルス幅(レーザー照射時間)

2つのパルス幅を使用してより綺麗に

前述の通り、ターゲットとなる色素粒子の大きさで効果的なパルス幅が異なります。そのため、最初の治療では、まだ色素粒子が大きいため、パルス幅2ナノ秒のレーザーを照射し、色素粒子を細かく砕きます。そして、パルス幅2ナノ秒のレーザーでは効果が薄い(=色素粒子が壊れない)状態になったら、パルス750ピコ秒のレーザーを照射して、壊しきれなかった色素粒子を壊す事ができ、従来よりも綺麗にシミや刺青などの色素を除去することが可能なのです。

従来のレーザー 大きかった粒子が砕ける これ以上小さくは壊せない

従来では除去しきれなかった色素も綺麗に

従来のナノ秒パルス幅のレーザーで刺青が除去しきれなかったのは、色素粒子を砕ける限界があったからです。従来のパルス幅ナノ秒のレーザーでは除去しきれなかった色素もピコレーザー・エンライトンIIIであればより綺麗にすることが可能です。

1064nm、532nm、670nmの3つの波長を有することで多色の刺青にも対応

ピコレーザー・エンライトンIIIはYAGレーザーという種類で、1064nm、532nm、670nmの3つの波長のレーザーを照射することができます。
ピコレーザーはエンライトン以外にもS社のピコレーザーがあります。しかし、S社のピコレーザーはアレキサンドライトレーザーを照射するピコレーザーで、その波長は755nmです。
レーザーの波長の長さは治療に影響します。その影響とは効果のある色皮膚内に到達する深さ効果のある色です。

皮膚の深くにあるシミや刺青に有効な1064nmの波長

1064nmはシミなどの黒い色素や赤い色素に反応する波長です。532nmも黒や赤に反応しますが、1064nmの波長の特徴はその長さです。
レーザーの波長は長いほど皮膚の奥深くに到達します。例えば紫外線と赤外線です。紫外線の波長は短く、赤外線は長いのです。そのため、紫外線を浴びるといわゆる日焼けを起こし、赤外線は浴びると身体が温まります。これは皮膚の表面にしか波長の短い紫外線が届かないためであり、赤外線は波長が長いので身体の中まで届き作用するためです。
つまり、波長の長いYAGレーザー(エンライトン)は波長の短いアレキサンドライトレーザーよりも、「白人の場合、23%より」皮膚の奥深くまで届きます。(日本人の場合、より差がでることが予想されます。)その結果、YAGレーザーの方が、アレキサンドライトレーザーよりも深部の入れ墨の除去に優れていることは、明らかです。

効果のある深さの違い

可視光線領域では波長が長いほど皮膚の奥深くにレーザーが到達します。上記は白人に対しておこなった結果です。YAGレーザーがアレキサンドライトレーザーよりも深く皮膚に到達することがわかります。
参照文献:Anderson RR: Leaser-tissue interactions. Cutaneous Laser Surgery. Goldman MP et al (eds), Mosby, St. Louis.p1-18, 1994/Goldman RE: Treatment of cutaneous vascular lesions. Cutaneous Laser Surgery, Goldman MP, et al (eds), Mosby, St. Louis, p19-105, 1994.

エンライトンIIIの新しい波長670nmは緑色と青色に効果的

670nmの波長は緑色と青色によく吸収される(吸光度が高い)波長です。そのため、緑や青の刺青を除去するのに適した波長です。他方、アレキサンドライトレーザー(755nm)の吸光度は670nmの吸光度よりも低いため、670nmの波長よりも緑と青に対して効果が低くなります。インクへのレーザー照射を比べても、670nmのレーザーが青色に効果的であるのがわかると思います。

青と緑の吸光度

また、670 nmはメラニン吸収は532と1064nmの調度中間あたりに位置します(45%)。そのため、1064nm、 670nm、 532nmの 3波長が揃うことで、色素性病変の治療の加減を柔軟に対応することができます。

青と緑の吸光度

黒、赤、緑、青など多色の刺青でもレーザー治療が可能

以上から、ピコレーザー・エンライトンIIIは1064nm、532nm、670nmの3つの波長を使用できることで、黒、赤、緑、青など多色の刺青でもレーザー治療が可能です。以下のグラフは刺青に使用されているインクの割合です。黒がもっとも多く、ついで赤、青、黄、緑となっています。よってエンライトンIIIは多くの刺青に対応できるピコレーザーであるといえます。

エンライトンとアレキサンドライト

赤、白、紫、黄色など黒以外の様々な色の除去が可能

Before After

YAGレーザーであればアレキサンドライトレーザーでは難しい赤色の刺青も除去可能です。

Before After

快適な治療のために

共立美容外科仙台院ではお客様に快適な治療を受けていただくために、痛みを緩和する麻酔を各種ご用意しております。

  • 局所麻酔

    刺青の皮下に局所麻酔液を極細の長い鍼で注入していきます。手のひら2つ分程度の面積しか使用できません。麻酔が浸透すれば痛みはほとんど感じませんが、針をさすときにやや痛みがあります。

  • 座薬

    ロピオンと同等の鎮痛作用を持ちます。ロピオンに比べて安価ですが、少なくとも30~40分前に、自分で座薬を挿入する必要があります。喘息、胃炎や消化管潰瘍がある方は使用できません。

  • 静脈麻酔(ロピオン)

    点滴で行う麻酔です。非常に手軽に鎮痛が可能です。喘息、胃炎や消化管潰瘍がある方は使用できません。

  • 静脈麻酔(ドルミカム)

    点滴で行う麻酔です。点滴をすると徐々に眠くなり、最後は完全に意識を失います。ドルミカム自体に鎮痛作用はありませんが、鎮痛作用で痛みをコントロールできる。ロピオンと組わせるとさらに強い痛みに耐えられるようになる。

  • 笑気麻酔

    鼻から吸い込むと、気分が爽快になりあらゆる苦しみから解き放たれた感じになる。強い鎮痛作用を持つが意識ははっきりしていて周囲のこともよく理解できる。

麻酔の強さ

強い ロピオン+ドルミカム+笑気
ロピオン+ドルミカム = 局所麻酔 = 座薬+ドルミカム
  ロピオン = 座薬
笑気
弱い ドルミカム

料金

局所麻酔 5,000円
座薬 1,000円
静脈(ロピオン) 5,000円
静脈(ドルミカム) 5,000円

笑気麻酔(使用時間によって異なります。)

15分以内 3,000円
30分以内 5,000円
45分以内 7,000円
60分以内 9,000円

※上記にあるように麻酔は組み合わせて行えます。組み合わせた場合はそれぞれ割引を適応します。
(2組:麻酔料総額の20%OFF、3組:麻酔料総額の30%OFF)

レーザー照射時の注意事項

《 照射前 》

ご来院の際は、日焼け止めのご使用は禁止です。お帽子や日傘などでカバーしてください。

《 照射後 》

  • 照射後2週間は、茶色のテープを貼ったままにして下さい。そのうち、4日間はお渡しした軟膏をテープの上から塗ってください。(テープは剥がれた時、汚れた時のみ交換してください。)
  • 翌日よりテープや貼ったまま洗顔・メイク・シャワーは可能です。
  • 患部以外のシャワーは当日から可能です。低刺激性の洗顔フォームであれば、お使い頂いても結構です。
  • 湯船は4日後から可能です。
  • 湯船、洗顔の際は患部を強くこすらないでください。カサブタが出来ても自然に剥がれるまでは無理に剥がさないでください。
  • 患部は直射日光に絶対に当てないようにしてください。必ず、日焼け止めクリームなどで保護してください。
  • 再照射は2ヶ月後になります。個人差もありますのでこの限りではありません。医師の指示に従ってください。

キャンペーン実施中

刺青除去乗り換えキャンペーン

最新ピコレーザー・エンライトンによる刺青除去を7回目以降の照射を80%OFFにてご提供しております。
ピコレーザー・エンライトンは従来のレーザー照射の半分の回数で同等以上の効果を得られる最新レーザーです。照射時の痛みも少なく、より綺麗に刺青を除去できます。

エンライトンによる刺青除去 他院からの刺青除去乗り換えの方限定
通常価格より5%~20%割引
  • ※割引率はカウンセリング時に院長により判断いたします。
  • ※共立美容外科仙台院での刺青除去が初めての方の価格です。
  • ※他医院の会員証、診察券か領収書、契約書等及びご本人様と証明できるものをご持参ください。
  • ※他割引との併用不可。

7回目以降の照射を80%OFF

最新ピコレーザー・エンライトンによる刺青除去を7回目以降の照射を80%OFFにてご提供しております。
ピコレーザー・エンライトンは従来のレーザー照射の半分の回数で同等以上の効果を得られる最新レーザーです。照射時の痛みも少なく、より綺麗に刺青を除去できます。

エンライトンによる刺青除去 7回目照射以降 80%OFF

※モニターの場合も適用になります。

料金

※2回目以降の料金は、最後の御来院から2ヶ月以内に再度治療をされた場合の15%OFFの料金となります。

料金は全て税抜きです。

施術名 料金
入れ墨(タトゥー)除去 1cm×1cm 26,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 5cm×5cm 91,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 10cm×10cm 156,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 20cm×20cm 260,000/1回

モニター募集中

ホームページをはじめ、広告など各種メディアへの掲載及び院内説明用の症例画像を目的としたモニターを2種類の条件で募集しています。
下記要項をご確認の上、ご希望の方はお問い合わせください。

モニター1

モニター1は以下の条件を了承していただける方に限ります。

  1. エンライトンで刺青に照射を行います。
  2. 治療前後で写真を撮影(刺青の箇所のみ)
  3. 写真は、研究用、HP用、学会発表用、患者説明用、その他として使用させていただきます。
  4. 施術の感想(体験談)を提出していただきます(画像と同様にHP等に掲載させて頂きます)
施術名 モニター1料金
入れ墨(タトゥー)除去 1cm×1cm 20,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 5cm×5cm 70,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 10cm×10cm 120,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 20cm×20cm 200,000/1回

モニター2

モニター2は以下の条件を了承していただける方に限ります。

  1. エンライトンと従来のレーザーで半分ずつ刺青に照射します。
  2. 治療前後で写真を撮影(刺青の箇所のみ)
  3. 写真は、研究用、HP用、学会発表用、患者説明用、その他として使用させていただきます。
  4. 施術の感想(体験談)を提出していただきます(画像と同様にHP等に掲載させて頂きます)
治療範囲 モニター2価格
入れ墨(タトゥー)除去 1cm×1cm 10,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 5cm×5cm 30,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 10cm×10cm 50,000/1回
入れ墨(タトゥー)除去 20cm×20cm 100,000/1回

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み