美容外科歴20年以上の院長が、直接お悩みをお伺いします。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
TEL 0120-505-340
仙台駅東口徒歩1分
9:00〜20:00 年中無休
  • HOME
  • 診療案内
  • 料金案内
  • Q&A
  • ドクター紹介
  • 当院のご案内
  • アクセス
  • お得なキャンペーン

脂肪吸引・痩身・部分やせ

ライフスタイルとニーズに合わせた治療

脂肪吸引・痩身・部分痩せ 最新ベイザーリポ・スマートリポや肥満治療薬でライフスタイルとニーズに合わせた治療を行っております。

肥満のタイプ

1. 脂肪が皮膚と筋肉の間についている状態

…特に、女性に多いタイプです。皮下脂肪の肥大が原因です。

2. 皮膚が緩んでやわらかくなってしまった状態

…老化や妊娠、スポーツをやめたことが原因になることが多いようです。

3. 内臓に脂肪がついている状態(内臓肥満型)

…皮膚を摘んでも、そんなに厚くないのに、お腹が非常に出ている人がこのタイプです。男性に多いと言われております。このタイプは、糖尿病、高血圧、心筋梗塞になりやすいことが、最近の研究で明らかになりました。

女性の場合、一番多いタイプは 1.の皮下脂肪が原因で太る場合です。特に、お尻や太腿が太い場合は、この皮下脂肪が溜まった状態です。
脂肪にはエネルギー源の貯蔵タンクとしての役割があるのは、一般に良く知られておりますが、最近の研究では、脂肪組織からレプチンというホルモンの分泌があることが発見され、女性らしさを保つためには、必須であることが分って参りました。このため、やせたいという思いから、無理なダイエットを行うと、ホルモンのバランスを崩して、月経が消失します。リバウンドを起こして、逆に太ってしまったり、精神的ストレスを引きおこすことが多いのは皆さんご存知の通りです。食餌療法(ダイエット)だけでは理想的なボディ作りは難しいというのが現状です。

脂肪細胞とは

人成熟白色脂肪組織から単離した単胞性脂肪細胞のオイルレッド・オー脂肪染色像
直径80ミクロン

一般の人は、「脂肪が沈着する」とか「脂肪が溜まる」といって、脂肪は筋肉や内臓の外側に剥き出しに存在すると考えておりますが、それは誤りです。一見、剥き出しに見える脂肪は、それこそ無数の脂肪細胞が集合したものなのです。脂肪細胞は、細胞質内に脂肪を貯留し、大きなものでは、細胞の99%以上が脂肪で占められております(図参照)。核はこの脂肪滴に圧迫され、周辺に押しやられております。ダイエットをして痩せるのは、脂肪細胞の数が減少するためではありません。一つ一つの細胞が一時的に小さくなっているだけなのです。細胞の数は減少していないので、食べ始めると直ぐ元に戻ってしまうのです。脂肪細胞は、思春期まで増殖いたしますが、それ以降は減少することも、再生することもありません。一生を通じて細胞の数は一定に保たれるのです。「脂肪細胞の数を減少させること」ができれば、リバウンドの少ない理想的なダイエットが可能なのは容易に予想できると思います。この「脂肪細胞の数を減少させること」ができるのは、現在のところ脂肪吸引しかありません。脂肪吸引では、脂肪細胞自体を吸引しますので、その部位の脂肪細胞の数は減少し、部分痩せが可能となります。脂肪細胞は再生しないので、もとに戻ることはありません。特に、部分痩せの難しい頬、腹部、大腿、ふくらはぎ、二の腕などでは、脂肪吸引のいい適応となります。

共立美容外科仙台院の脂肪吸引・痩身・部分痩せ

共立美容外科ではそれぞれの肥満タイプに合わせた施術を取り揃えております。内蔵脂肪型には食欲を抑制する3F(スリーエフ)、皮膚が緩んでしまった状態にはボトックスサーマクール、そして皮下脂肪が原因の場合に適用できる最も定評のある脂肪吸引です。脂肪吸引は東北では唯一導入している『ベイザーリポ』は従来の脂肪吸引に比べて、非常に安全で効果的な施術です。

  肥満治療薬 サーマクール 通常の脂肪吸引 スマートリポ ベイザーリポ
原理 脂肪吸収の抑制 or 食欲の抑制 高周波で皮膚を引締める 吸引し、脂肪塊を引きちぎる レーザーで脂肪を溶解させる 超音波で脂肪細胞を遊離させる
脂肪除去率 × ×
仕上がり
傷跡 3-4mm 1-2mm 3-4 mm
内出血 × ×××
痛み × ××
日常生活
の制限
痩せるには
運動は必須
××
たるみの改善 ××
顔の施術 × ××
(傷小さく、仕上がり良い)
治療回数 本人の努力次第 5回以上 1回 1回 1回

切らない痩身術

ゼルティック(クール・スカルプティング)

クール・スカルプティングは、冷却により脂肪細胞を選択的に死滅させる、非侵襲的な脂肪除去治療です。
 1 回の治療で、治療部位の脂肪が平均20% 減少するといわれ、早くて3 週間後くらいから治療効果があらわれはじめ、2 ~ 3 ヶ月後に効果のピークを迎えます。脂肪細胞の数が減少するため、治療後は脂肪を蓄積しにくくなるといわれています。
クール・スカルプティングは、医学的見地からも Fat Reduction(脂肪減少効果)と安全性が立証されています。

ゼルティック(クール・スカルプティング)

脂肪溶解注射

近頃人気の脂肪溶解注射も当院では3種類を導入しております。そのうち、FatXはお体の痩身に、BNLS neoはお顔の痩身に使用することをお勧めしています。これら2つは脂肪分解効果をFDAで認められたデオキシコール酸を成分としていますので、科学的に効果が実証されています。しかし、多量の脂肪を除去したい場合には、ゼルティック(クール・スカルプティング)やベイザーリポなどをお勧めします。

脂肪溶解注射

脂肪吸引

ベイザーリポ

より安全に、とことん脂肪をとります。超音波脂肪吸引システム VASER-LIPO ベイザーリポ 詳しくはこちらをクリック

ベイザーは脂肪細胞に特異的に反応する特殊な高周波を用いる事で脂肪細胞を遊離させて除去する新しい脂肪吸引システムです。アメリカではすでに650台の導入実績がありますが、日本国内では10数台のみにとどまっており、東北では共立美容外科仙台院のみが導入しております。ベイザーリポはとにかく脂肪が多量に取れるのに出血は従来の脂肪吸引の8分の1。さらに、痛みが少なく、タルミの改善の効果も著名で、最高の脂肪吸引システムです。

VASER-LIPO(ベイザーリポ)

スマートリポ

『スマートリポ』は従来の脂肪吸引のように脂肪を強制的に吸い出すのではなく、レーザーの作用で脂肪を分解し、自然な吸収・排出を促します。痩せたい部分にわずか直径1mm程の非常に細い管(レーザーカニューレ)を差し込み、直接脂肪にYAGレーザーを照射するだけのため、傷が僅か1mmで目立たず仕上がりが奇麗で、引き締め効果も高く、理想のボディデザインを実現します。

スマートリポ

従来の脂肪吸引

脂肪吸引は吸引管にて皮下にある脂肪の塊を引きちぎって吸い取る施術です。共立美容外科では国際特許を取得しているKBシースを使用するため、管を挿入している部位の傷口が綺麗です。しかし、ベイザーリポと比べると出血量も多く、少ない量しか吸引できません。現在、共立美容外科仙台院では脂肪吸引は全てベイザーリポにて行っております。

皮膚のタルミの解消

サーマクールシリーズ

サーマクールはメスを一切使わずに、「高周波でたるみを取る」という方法を確立した画期的治療器の最新モデルです。
サーマクールNXTはレーザーではありませんので、色素沈着のある部位でも安心して照射できます。皮下の脂肪組織をターゲットとしておりますので、非常に深い部位の収縮、サイズダウン、タイトニングが期待できます。
当院ではサーマクールの最新機種である『サーマクールNXT』及び『サーマクールCPT』を東北で唯一導入しております。

「サーマクールシリーズ」こちらからチェック

フェイスリフト・フェザーリフト

フェイスリフトは手術を必要とするため、どうしてもダウンタイム(人前に出られない期間)の発生が避けられません。最近の傾向としましては、ダウンタイムの非常に短いレーザーや高周波などを用いた「切らずに行えるリフティング」や、ヒアルロン酸やボトックスの注入などで気軽にできる「プチ整形」を望む方が大多数ではありますが、効果や持続力の点で比較した場合、より強力なフェイスリフトも見直されております。また、当院で開発された『スマートリフト』は従来の様々な問題を解決した革新的な施術です。

ボトックス

『ボトックス』は、この作用を応用することによって筋肉の過剰な収縮を弱めて、シワを無くしたり、咬筋(あごの筋肉)の廃用萎縮(筋肉を使わなくして痩せさせること)を誘発させて、エラの張りを小さくしたりすることができます。

「ボトックス」こちらからクリック

EMS:スーパーテクトロン

共立美容外科仙台院では、高周波痩身機テクトロンがご利用できます。EMSとは、Electrical Muscle Stimulation の略であり、高周波の電流を流すことで筋肉を収縮弛緩運動させ、その結果として、脂肪を燃焼させようとするものです。特に、腹部においては15分施術するだけで、腹筋運動を200回以上したのと同じ程度の運動効果が得られます。

「EMS:スーパーテクトロン」こちらからクリック

成長ホルモン分泌促進剤

Sarcotropin (サルコトロピン):成長ホルモン分泌促進剤

ヒト成長ホルモン(human Grouth Horumon:hGH)は様々な体の機能を維持するために必要な物質です。しかし、加齢とともに成長ホルモンの分泌は弱まっていきます。
サルコトロピンは体内にある成長ホルモンを分泌させる作用がある成長ホルモン分泌ホルモンと同様に脳下垂体に作用し成長ホルモンを分泌させます。成長ホルモンが分泌されることで、若返り、肌のしわ、たるみの改善、体脂肪の減少、性欲増進などの効果が期待出来ます。 

サルコトロピン

肥満治療薬・食欲抑制剤

肥満治療薬

肥満治療薬には大きく分けて2種類あります。脂肪の吸収を抑制する薬と食欲を抑制する薬です。共立美容外科では脂肪の吸収を抑制するXENICAL(ゼニカル)と食欲を抑制するメリディアを取り扱っております。

お体の悩み

お顔の悩み

お肌の悩み

その他の悩み